ヤシオツツジ咲く笠丸山  2018/4/15日

雨だと思っていた日曜日、朝食をしていたら、日差しが差し始め、青空まで広がってきました、そうなればじっとしていられず、山仕度を早々にして、今頃ならば勿論ホームグランドの西上州でヤシオツツジでも眺めようと出かけました。


           登山口付近の桃源郷
P1010088.jpg


家を出る時は晴れていましたが、冨岡付近を通る頃は雨が降り始め、下仁田付近では、どちらを見ても、すっかり厚い雲に覆われてしまい、少し大降りになって来ました。まあ雨仕度はしっかりとしてきたので、構わずに行くことにしました。


          登り始めの道
P1010004.jpg


新緑の若葉の下をコンデジを胸に、傘を差しながら歩き、雨音がポツポツと傘にあたり、時には木々の滴がドラムのように響き、そんな山登りもそれ程悪くは無いなーと思いつつ歩いていました。


          アマドコロ咲く道
P1010009.jpg


          地蔵峠に着きました
P1010010.jpg



ヤシオツツジは西上州の南牧村地方ではヒトツバナと呼び。塩沢峠の反対側の上野村地方ではヤシャノヨウラクと呼びます。どちらもかなり粋な呼び方です、ヤシャノヨウラク(夜叉の瓔珞)、瓔珞は仏像の首に飾る宝石のことで、険しい岩場を夜叉にたとえ、そこに宝石のように綺麗な花を、ヨウラクとたとえています。


P1010019.jpg



P1010021.jpg



地蔵峠を過ぎてから、ヤシオツツジが美しい尾根歩きになりました。



P1010024.jpg



P1010026.jpg



P1010027.jpg



地蔵峠あたりまでは小雨降る登りでしたが、尾根に出ると雨は止み、その代わりに風が海鳴りのように吹いて来ます。



P1010029.jpg



P1010031.jpg



それこそ夜叉のような鋭い岩峰の笠丸山が、瓔珞のような沢山のツツジの上に聳えています。



P1010033.jpg



          ツツジのトンネルになりました
P1010035.jpg



P1010037.jpg


急登の岩場をロープに掴まり、山頂の稜線に出ました。まず笠丸山の北峰に行きます。



P1010040.jpg



          奥に両神山方面
P1010041.jpg



いつもの年ならば4/20日頃が見頃ですが、やはり今年は少しはやいようで、もう既に日焼けした花もありますが、それでも今年は花付きが良いようで、最近のこの山では良い方のようです。



P1010042.jpg



          笠丸山北峰山頂
P1010043.jpg



P1010045.jpg



P1010049.jpg



             北峰を振り替えて
P1010052.jpg



         笠丸山南峰に向かいます
P1010055.jpg



P1010058.jpg



          南峰に咲いていたアカヤシオ
P1010061.jpg


南峰に着いて両神山を望む所に、綺麗なヤシオがいつも咲いていますが、そこに行ったら、どこかで見たような人が夢中で写真を撮っていました、なんと夢創歩さんでした。最近は1週間に4・5回も、かなりあちこちと頻繁に登っているようです。この日出会った人は結局 夢創歩さんだけでした。お互い好きだねー



          南峰より両神山方面
P1010063.jpg



夢創歩さんと別れて、私の好きな桃源郷へ下山します。



P1010065.jpg



P1010070.jpg




今年も見事な桃源郷に着きました。渓流のせせらぎ、白や黄色やピンクの花、ウグイスの鳴き声、のんびり田畑を耕す農家の方。ここはいつ来ても癒される風景です。



P1010083.jpg



P1010087.jpg



P1010089.jpg



P1010091.jpg



P1010095.jpg



P1010099.jpg



地元ですから、ゆっくり出かけて、のんびり歩いて来ましたが、まだ時間があり、高崎の「鼻高展望の丘」で菜の花を楽しんで来ました。



P1010106.jpg



          奥に赤城方面
P1010114.jpg



           奥に榛名方面
P1010115.jpg



P1010117.jpg






スポンサーサイト

妙義桜の里  2018/4/10日

ここ数日、花冷えのする寒い春でした。今日は久し振りに天気が良く暖かそうなので、近くの「妙義桜の里」 の桜を見に行こうと思います。


P1000912.jpg



いつもより少し早く満開になったようです。丁度ミツバツツジも咲き始め良い眺めでした。


P1000880.jpg


日本の山には100名山始め良い山がたくさんあります、この妙義山はそんな100名山には入っていない山ですが、日本の山としては珍しい程の鋭い岩峰が連なっています、他県の人でそばの高速道を通った方はきっと目を見張り、一度は登って見たいと思ったことでしょう。


P1000876.jpg


P1000881.jpg


この時期は残雪歩きで他県の山ばかり登っていましたが、ミツバツツジやヤシオツツジの咲くころは、西上州の山が一番華やかな時期になり、ホームグランドの西上州に戻ってきます。

P1000872.jpg


P1000883.jpg


近い山ですから、ウエストバックだけで、ポケットにはコンデジを入れ、時々は芝生に座って、コーヒーでも飲みながら、眩いほどの春の陽ざしを浴び、のんびりと楽しみます。


P1000886.jpg


P1000888.jpg


P1000894.jpg


P1000895.jpg


     大桁山もここから眺めると良い山に見えます
P1000908.jpg


桜咲く時期は、日本人ならば殆どの人が、この花に想い出があり、心が騒ぐことと思います。私の場合は桜の花は幼い時に亡くなった、母の香りがするような気がする花です。その梢には母の魂が宿っているようで、つい花に寄って懐かしい母の微かな香りを楽しみます。

P1000910.jpg


P1000913.jpg


大きく降って、ほぼ最下部に着きました、この辺りから違う道を登って帰ります。

P1000929.jpg


P1000936.jpg


こちらの尾根には白い桜(??)が満開で、赤い桜の「開山」と言う桜が蕾になっていて、もう少し経つと綺麗なその開山があちこちで咲くようです。

P1000940.jpg


P1000942.jpg


         開山
P1000948.jpg



        今回は気儘な記事ですのでコメント欄は休みます。また次回に宜しくお願い致します。





高遠の桜と守屋山 2018/4/7日。

この週末は雪山にしようか、花にしようかと迷った末、あまり天気は良くないようなので、丁度満開になった高遠の桜を楽しみ、ついでに杖突峠から守屋山に登ることにしました。

          公園上部の寺から城址公園と南アルプス方面
IMGP9239.jpg


この高遠城址公園の彼岸桜は、だいぶ以前の今頃に訪れたことがあります。その時はかなりの混雑を予想して、車にマウンテンバイクを載せ、渋滞になったらそのあたりから。自転車に変えて公園に向かうことにしました。途中で左の斜面に桜やレンギョウなどが咲いていて、なかなか良い風景だったため、そのあたりに自転車を置き、歩き始めました。


IMGP9224.jpg


今日も混雑を予想していましたが、案外空いていて、いつもの沢山の観光バスも見られず、少しばかり拍子抜けするくらいでした。良く考えて見れば、ツアーで来る観光バスは半年前か数カ月も前に予約を取っているため、通常の見頃より今年は1週間も早いため、観光バスの人達は今週末あたりから大勢来るのかも知れません。


IMGP9207.jpg


IMGP9217.jpg


以前はこのあたりは畑があり農家の方が野良仕事をしていました、その時、畑のオジイさんに、公園の桜を上から見下ろす、良い所は無いでしょうか と尋ねたところ処、桂泉寺の境内からならば、あまり人も居ず良い眺めです。と教えてもらいました。今日もこれから公園の桜を見下ろす、桂泉寺に行こうと思います。


IMGP9211.jpg


IMGP9204.jpg


IMGP9218.jpg


厚い雲に覆われて、少し暗い雰囲気ですが、こんな景色を見ながら歩いていると、明るく楽しい気分になってきました、観光客をしり目に上部の桂泉院付近に来るとこちらも、桜がきれいでした。


IMGP9228.jpg

桂泉院には、ここで織田軍と壮烈な戦をして自害した、武田信玄の弟 仁科五郎信盛の位牌があり、信玄の父信虎の墓もあります。二人はここから眼下の城址や武田の行く末をここから眺めていたのでしょうか。


IMGP9246.jpg


さていよいよ、天下第一の桜 と言われている、城址公園の彼岸桜を見に行きます。


IMGP9257.jpg


IMGP9265.jpg


IMGP9274.jpg


   花は三日  月は三夜

      その前後に 雨あり雲りあり

         深く人生を味わうべし・・・・桂泉院の門前に書いてありました。


IMGP9278.jpg


以前は公園の中ではあちこちにゴザを敷いて宴会が賑やかでしたが、最近はここでゴザやビニールを敷いて宴会は禁止のようです。その為以前よりは静かになりました。


IMGP9286.jpg


IMGP9294.jpg


IMGP9298.jpg


IMGP9280.jpg


IMGP9283.jpg


最後に、江戸時代の最大のスキャンダル事件の主人公、絵島の囲い屋敷を見て来ようと思います


IMGP9296.jpg


大奥の大年寄り絵島は7代将軍 家継の生母 月光院に仕えていました。前将軍の家宣の墓参に名代として増上寺に行き、その帰りに、市村座の役者生島の芝居を見学し、生島を呼んで宴会までして江戸城に帰りましたが。門限を破り騒動になってしまいました。


          絵島が囚われていた 囲い屋敷
IMGP9249.jpg


当時大奥では前将軍の家宣の正室 天英院との間で確執があり、また老中の間部詮房・新井白石と譜代大名との間にも確執があったため、。その政争に利用されたのも一つの原因のようです。その処罰はかなり厳しく1000人程が斬首や流刑・遠島にされ。一日二度の一汁一菜の食事をして、書くことも、外へ出ることも許されず、ただ書を読むだけの生活のようでした。
その後吉宗の時代になり、罪一等減じられ、高遠藩の女中たちの躾などもしていたようですが、かなりの美人だったようです。


IMGP9253.jpg

     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さあこれから杖突峠に戻り、守屋山に登ろうと思います。


          登り始め
IMGP9306.jpg


IMGP9307.jpg


この山も今迄何度も登っていますが、なかなか展望の良い山で、100名山の内32座は見えるとか?? しかし今日は残念ながらこの天気ですから・・・・。


          守屋山東峰 山頂直下
IMGP9313.jpg


         守屋山 山頂
IMGP9314.jpg



今日はかなり寒く、山頂付近はマイナスの気温のようで、時々粉雪か雹か霰のような白いものが降って来ました。この山頂には物部守屋の奥宮があります、その祠は鉄格子で囲まれていて、弓矢まで置かれています、通常の祠と違って異様な感じがしますが・・・。


IMGP9320.jpg


崇仏派の蘇我入鹿と聖徳太子と、日本古来の山や動物や自然を神とする物部守屋は対立し、最初は物部氏が戦に勝ちましたが、その後聖徳太子の弾く弓に当たり、負けてしまいました。その為仏教派の人達が祠を鉄格子で囲ったのでしょうか???。
もし物部氏が勝ったなら今の日本は大きく変わったかも知れません。


          次に西峰に行きます
IMGP9321.jpg


IMGP9322.jpg


          西峰山頂 1650m
IMGP9324.jpg


          諏訪湖方面が辛うじて見えます
IMGP9325.jpg


         八ヶ岳方面
IMGP9328.jpg


手が凍えそうになるくらい寒い山頂でした、さあ帰りましょう!!

IMGP9331.jpg




雪割草・カタクリ三昧の一日。2018/3/31日

重い雲が垂れこめて、荒れ狂う波が飛沫を飛ばしていた冬も、日本海の彼方に佐渡島の金北山が白く朧に霞む頃、この辺りの山々には一斉に雪割草(オオミスミソウ)やカタクリの花が咲き山を彩ります。

IMGP9094.jpg

 IMGP9043.jpg  IMGP9172.jpg

IMGP9184.jpg

山で咲く花では、雪割草が一番弥好きな花で、もう数十年も毎年のように、弥彦・角田・樋曾山・国上とこの辺りの山で雪割草やカタクリの花を楽しんでいます。


IMGP9089.jpg


  IMGP9044.jpg  IMGP9046.jpg

IMGP9038.jpg


その為、この界隈の山には沢山の想い出があります。特に忘れられないのが、十数年前の3月末の頃、仕事帰りの途中で、大きな本屋さんに寄り、山の本を立ち読みしていました。私の隣で50代後半くらいの女性が一生懸命に山のガイドブックを探していました。店員さんに「新潟の山」の本はありませんか と尋ねていましたが、生憎新潟の山の本はありませんでした。


IMGP9096.jpg


  IMGP9099.jpg  IMGP9143.jpg


IMGP9048.jpg


その女性は「角田山に今週末に行きたいのですが、ガイドブックか地図はありませんか」と真剣に尋ねていましたが、やはりガイドブックも地図もその本屋さんにはありませんでした。少し気の毒に思えたので、「私は今迄数回 角田山に行っていますから、なにか調べたいことがありましたら、教えてあげます」と私が言ったところ、「姉が山登りが好きで、一度角田山に行き雪割草やカタクリの花が見たいと言っているので、今週あたりに連れて行こうと思っています」とその女性は話していました。


IMGP9106.jpg


  IMGP9147.jpg  IMGP9162.jpg



IMGP9100.jpg



処がそのお姉さんは、実は癌の末期で、余命半年と言われているようです。その為何とか歩けそうな、今が最後のチャンスなので、今週末に連れて行こうと思っています、とその女性は言っていました。、「五ヶ峠から樋曾山が一番楽で、雪割草を見たいのならば、樋曾山が良いかも知れません」と教えてあげました。ついでに角田の桜尾根コースも浜辺に車を置いて、この時期は大勢の人が登っているので、迷うことなく登れます とどちらの山も地図を書いて、教えてあげました。



IMGP9120.jpg



  IMGP9186.jpg  IMGP9182.jpg


IMGP9163.jpg



その週末の土曜日に1年も前から、友達と角田に行く約束でしたので、姉妹に会うかどうか注意しながら登りましたが、会うことは無く、その年も大晦日を迎え、最後のメールやコメントをチェックしていたと処、知らないFさんと言う方から、たどたどしいメ-ルが来ていました。3月末の日曜日に姉と桜尾根を往復で登り、沢山の写真を撮り、姉さんの病床に飾り病気と戦っていたようです。12月中ごろに、ついに帰らぬ人になったようですが、闘病中はその時の写真を見ては、頑張っていたとの事でした。



IMGP9122.jpg


  IMGP9168.jpg  IMGP9187.jpg


IMGP9087.jpg


その大晦日のNHK紅白歌合戦で「千の風になって」と言う歌が歌われていました、私はその時は全く知らない唄でしたが、その歌を聞きながら、Fさんのお姉さんのことを思い、涙が止まりませんでした、今でも、この辺りの山に来て雪割草やカタクリの花を見ると、その事を想い出してしまい、Fさんのお姉さんが、この辺りで花になり、風になって飛んでいるような気がしてなりません。


IMGP9126.jpg


IMGP9165.jpg



IMGP9128.jpg



こんな穏やかな山道を、気兼ね無く、あっちで撮り、こっちで撮りながら気儘に楽しんで居れば、微かに遠くから、良寛さんが子供たちと遊ぶ、歌声が聞こえて来るようです。


IMGP9121.jpg


IMGP9173.jpg


IMGP9129.jpg


       国上山の五合庵に住んでいた良寛さんの文と歌・・・・

「冬ごもり 春さりくれば 飯乞ふと 草のいほりを 立ちい出て 里にいけば たまほこの 道のちまたに 

 子供らが 今を春べと 手まりつく ひふみよいむな 汝がつけば 吾はうたひ あがつけば なはうたひ

 つきてうたひて 霞たつ 長き春日を 暮らしつるかも」


   ・・・・・この里に手毬つきつつ子供らと

             遊ぶ春日は暮れずともよし・・・・・  良寛


IMGP9130.jpg



IMGP9131.jpg


IMGP9192.jpg


今日は地元のブログ友アサレンさんが会いに来てくれました、暫し山談義をして、この辺りで秘密の雪割草の群生地を教えて戴き、そちらにも行き、いくつかの雪割l草をここにアップしました。藪を漕いで登った処にその秘密の花園はあり、この藪が守って居れば当分は安泰の場所と思いました。


          城祉より微かに見える 佐渡の金北山
IMGP9139.jpg


          チリメン皺の波が寄せる浜辺
IMGP9141.jpg


           長い記事になってしまいましたが、最後まで読んでいただき有難うございます。

IMGP9137.jpg









雪の大毛無山 2018/3/24日。

桜の花も咲き始め、ようやく春爛漫の季節になりました。旧ブログより心機一転して、新しいプロバイダーにて、始めて記事を公開致します。旧ブログ同様宜しくお引き立てのほどお願い致します。


          今日の登った大毛無山より妙高・火打・焼山方面
大毛無トップ


大毛無山と言っても、関東の方にはあまり馴染みのない山かも知れませんが、日本海に面したこの山は、冬季には10mを越える深い雪に木々も埋まり、山頂は丸い鉢のようになっています、その為 大毛無山なのだそうです。


          歩き始め
大毛無



          登り始め(前回登った重倉・籠町南山方面)
IMGP8788.jpg



この山へは冬季は旧新井スキー場 現ロッテ アライ リゾート付近のスキー場から登ります。


4


処が登山者はリフトには乗せてもらえず、ゲレンデ内も歩いてはダメとのこと、散々パトロールの方と交渉して、ゲレンデの外を登れば良いと言うことになり、ゲレンデのロープの外を登ることになりました。


5


6


殆どのリフトもゴンドラも半分ほどは、ただむなしく空気をカラカラと運んでいるだけで、空気を運んでお金にになるならば良いのですが、旧新井スキーが倒産して、ロッテが買い占めてこの冬に再開したスキー場ですが、韓国から大勢のスキーヤーや登山者でも呼ばなければ、また倒産してしまうのでは・・・と思いました。


7


          奥にこれから登る大毛無山
8


それでもこの広大などこまでも広い山は、特に山スキーヤーには憧れの所のようです。


           今日は暖かで、思いもしなかった霧氷の山になりました
9


10


思わずの美しい霧氷と、左に妙高が見えて来ました、もうテンションが上がりっぱなしです。


          右奥が大毛無山
13


           前回登った重倉・籠町南葉山と先に日本海
12


          山スキーの方が憩う手前のピーク
17


          山頂への辛い道も 妙高の山々に励まされ登りました
18


         山スキーヤだけが登っている山頂手前のピーク
19


          妙高・火打・焼山方面
20


この先へは山スキーヤーの方は登らないようで、踏み跡は全くありません、フカフカの雪を踏みしめて、最後の登りに取りつきます。


21


  丸い雪の尾根が日本海へと落ちて行き、良い眺めでした


22


23


25


26


27


雪深い山頂に着きました。その息を飲むような素晴らしい展望に、花に背いて、ここに来た甲斐があったと思いながら食事にしました。


           妙高~火打
28


          火打~焼山
29


          火打・焼山・天狗原 金山あたりかな??
30


          昨年シャルマン火打より登った空沢山(中央付近の山)と奥に昼闇方面かな??
31


案外暖かな天気で、これらの山々を御馳走にして、どちらを向いて食べようかと迷いながらランチにしました。


          下山の道
32 下山


          奥に信越トレイルの山々
33 信越


残雪恋し山男、日焼け雪焼けした顔に春を知る、今日も想い出に鮮やかに残る登山でした。


36


37








プロフィール

インレット

Author:インレット
殆ど毎週のように山に登り、時には沢登りも楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR