IMGP2833.jpg

羽黒尾根~黒岩尾根でツツジを楽しむ

2018/5/16日 日光 羽黒尾根~黒岩尾根

毎年シロヤシオ(五葉躑躅)の白い清純な花を楽しみにしています。最近は私の行くシロヤシオ咲く山は、どこも賑やかになってしまい、なるべく人の居ない静かな山で楽しもうと、かなり以前の不作の年に、一度登ったことがあるこの山にしました。先週に心臓の具合が悪かったので病院でMRIを撮り、今週末も診察日の為、ゆっくり ゆっくりと登り、取りあえず綺麗な花々を眺めたら、そのあたりで帰ろうと思い出かけました。


          シロヤシオ・ミツバツツジ・ヤマツツジ咲く尾根
IMGP0056.jpg



通常の登山道では無く、隣の尾根の寂光滝の下あたりから登ります。900mくらいの尾根までは林道の工事中で迷うことはありませんが、その先からは踏み跡は、あったり なかったりと標識類も無く心細い登りです。



IMGP9963.jpg  IMGP9968.jpg




1000mくらいまではヤマツツジが賑やかに咲いていましたが、シロヤシオは散り始めのようでした。

あるか  無しかの
笹に隠れた登山道
白い花びらを踏みしめて
誰も居ない山路は
幼心にたった一つの
想い出の
母の髪に飾られた
白い花を想い出し・・・



IMGP9993.jpg



IMGP0003.jpg



はからずも別れた
青春時代の恋人が
白いドレスを身にまとい
昔のままの
美しい姿で
待っていてくれたようで
こぼれ花びら手に取って
若かりし自分に戻る路



IMGP0007.jpg



一人旅はそんな昔の懐かしい想い出を辿りながら歩きま。
1000mを越えると、丁度満開のシロヤシオ咲く尾根になり、
今年のシロヤシオは豊作のようで、嬉しくなって来ました。



IMGP0013.jpg



IMGP0014.jpg



IMGP0020.jpg



IMGP0025.jpg



標高が1300m付近になると、ミツバツツジの花も見頃になって来ました。



IMGP0035.jpg



IMGP0037.jpg



IMGP0039.jpg




この時期になると、いつものように、
生まれたばかりのエゾハルゼミの、
まだ幼い蝉時雨を聞きながらの登りになりました



IMGP0042.jpg



IMGP0043.jpg



IMGP0044.jpg


蝉しぐれを聞けば、やはり子供の頃の夏休みを想い出します。最近はカナカナと鳴く、ヒグラシ蝉の声はすっかり聞かなくなりました。森や田畑が少なくなったせいでしょうか??。懐かしい夏の風物詩なのですが・・・。



IMGP0045.jpg



IMGP0046.jpg




IMGP0047.jpg




1300m付近の雨量計を過ぎるころからは、深い森の中にヤマツツジ・ミツバツツジ・シロヤシオの色とりどりの花が咲き乱れ、、自然の創った風景は本当に美しいものでした。




IMGP0055.jpg




IMGP0053.jpg




IMGP0057.jpg




IMGP0059.jpg




昨日までの病のこともすっかり忘れ、こんな景色を見られ、やはり登山を趣味にして良かったと思いつつ、ツツジの織りなす万華鏡を楽しみました。




IMGP0060.jpg




IMGP0061.jpg




IMGP0058.jpg




IMGP0064.jpg




日光の山々が、この景色を上部から楽しみながら眺めているようです。




IMGP0067.jpg




IMGP0068.jpg




IMGP0074.jpg




IMGP0076.jpg




IMGP0073.jpg




IMGP0069.jpg




IMGP0070.jpg




IMGP0075.jpg




そろそろ標高も1500m付近になりました。シロヤシオも蕾の花が多くなってきたようです。




IMGP0072.jpg




広い尾根の笹の道は案外迷いやすい道でしたが、一応GPSにルートも入れてあり、スマホのアプリにも入れてありましたので 、時々は眺めて確かめて登りました。始めてここを歩く方は迷いやすいので気を付けた方が良さそうです。




IMGP0079.jpg



正規の登山道に出ました。ここから少し上部は落葉松林が続き、さらにガレた岩場の急登になりますので。まだ心臓に少し不安がありますので、今日はここまでにして正規の登山道を歩き下山します。




          途中の水場付近にて
IMGP0084.jpg




IMGP0085.jpg



IMGP0089.jpg




このまま下山してしまうと、車を置いた所まで戻るのにかなり時間がかかりそうなので、稚児ヶ墓付近の少し下あたりから、また登山道を離れて、倒木の多い急斜面をずり落ちながら、別荘地付近に降りて、最後に沢を渡渉して車に戻りました。




IMGP0092.jpg




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

インレット様 こんにちは。
恋心と美しいお花に囲まれて、年を重ねますとちょっとセンチメンタルに
なりますね。お陰様で私も美しい風景と共にちょっぴり青春を振り返り
ましたで~す。
ありがとうございます

お体お大切になさってくださいませ。

No title

こんにちは! 
心臓ですか お気をください。 ゆっくり登山で。
「ツツジの織りなす万華鏡」・・・まさに、ありがとうございました。

若輩ながら、私も昔を懐かしむこと多くなりました~
まだまだインレットさんには及びませんので、
こんなセンス或る世界には浸れませんが、それを目指してます。


No title

関東の方のブログにはこの時期たくさんの方がシロヤシオ
の花の記事をアップしていますが、さすがにオンレットさんの
画像は特別綺麗です。カメラの腕と良い山を選ぶ知識がある
からでしょうか。

No title

たかちゃん さん、今晩は。
そうですね、歳をとると昔のことばかり、懐かしく想い
出してしまいます。先が少なくなったからでしょうか?。
まあそれでも少しは前向きに歩いて行こうと思っていますが・・。

No title

本読み さん、今晩は。
心臓の結果はMRIを先日撮り、土曜日にエコ-の検査をしましたが、結果は疲れていた為のようで、大丈夫でした。最初に病院に行った時は、ストレッチャーに乗せられて、心電図をとりながら点滴を3時間ほどしていましたので、このまま入院かと思っていましたが、今は元気になりました。
それでも歳ですからボチボチと山に行くことにしました。

No title

noriさん、今晩は。
最近はすっかりシロヤシオは人気の花になったようで、
あちこちのブログに載るようになりました。以前はシロ
ヤシオをブログにアップする方は殆どいなかったので
すが、流行でしょうか??。

No title

白と赤の共演!素晴らしいですね~
日光は混んでいる、というイメージでなかなか花や紅葉の季節は
行きたくとも行かれないのですが(電車バスなので)
こんな静かな山歩きが楽しめる場所があるのですね。
それにも増してインレットさんの詩にハッとさせられます。
若い頃のトキメキを思い出させていただきました♪

No title

頑強なインレットさんなのに
心臓が、となると、無理し過ぎでしょうか?
ゆるゆるを楽しむ登山に切り替えてくださいませ。
この尾根のツツジは素晴らしいですね。
私の中では、ベストスリーのトップに君臨しています。(^^)

No title

cyu2 さん、今晩は。
ここは東武電車で日光に来れば、東照宮の直ぐ側から歩きますので、東京からならば楽に日帰りが出来ます。ただ羽黒尾根から女峰まではかなりきつい道で、途中から今回私が登った黒岩尾根を下山すれば、こんな花々に出会え、日帰りで楽に往復出来ますが、道は笹に隠れていたりするので、前もってルートをGPSかスマホに入れておけば大丈夫で、危険な所はありません。

No title

nusagiさん、今晩は。
今回ちょっと具合が悪かったので、病院に行ったら 心電図をとり担架に乗せられて治療室に運ばれました。自分で歩けるから。担架など必要ないと言ったところ、いつ倒れてもおかしくない状態だから歩いてはダメ と言われ、3時間ほど点滴をしながら心電図をとり、翌翌日にMRいの検査でしたが、疲れが原因のようで心臓は10年若いと言われました。
ここは多分nousagiさんが登ったコースを私も登ったのだと思いますが、・・尾根を登り と書くと、また大勢の人が登ってしまい、賑やかになってしまいそうで、登山口のル-トは、わざと書きませんでした。
本当に良いところでした。

日光市街から・・・

女峰山への尾根でしょうか?
裏男体林道が通れなくなっていますので、女峰山登山ルートを検討しましたが、とてもきつそうで・・・!?(^0^;;;
山を激愛されているインレットさんを赤・白・紫のツツジが大歓迎してくれたようですね!!
ん?心臓の調子に不安があるんですか???
お大事になさってください!
でも・・・好きなことはやりましょう!!

No title

宮星さん、今晩は。
ここは女峰へ行く登山道ですが、正規のルートでは、あまり花に巡り会えないので、登りはその隣の尾根を登りました。正規のルートでは無いので、標識類は無く踏み跡も笹に隠されて解らない所もたくさんあります、その為登山者は少なくて、ツツジ類はたくさん咲いていますが大変静かな良い所です、機会がありましたら登って見て下さい。

No title

シロヤシオ、清楚で美しいですね。
毎年静かな素敵な場所をご存知ですね。
新緑、シロ、ミツバ、ヤマツツジの饗宴、楽しませて頂きました。
先日、社山から半月山を歩いて来ましたが、標高が上がるとシロヤシオはまだ2固い蕾でした。

どうぞお体、お大事になさって下さい。

No title

orihimeさん、今晩は。
ここは知る人ぞ知る、ツツジの名所ですが、登山道は
無いので、静かな山歩きが楽しめます。上部まで登れ
ば女峰山まで行くことが出来ます。ただちょっとばかり
ロングコ-スになります。

No title

今晩はインレッドさん。心臓の調子が悪かったとか、ご心配でしたね。最近山に行かれる機会が増えたようで、お元気なのかと思っていました…私も二ヶ月前は動悸が激しく、心臓専門のクリニックに通い始めたので、他人事とは思えません。大事なく本当に良かったです!そして今回も花を求めての日光の山歩きでヤシオとつつじの饗宴、相変わらずの美しい写真をアップしていただき、そして何より情感あふれる文章に心が揺れました。これからもどうぞお体の声を聞きながら、静かな登山をお愉しみください。

山は心臓に良いのでは

こんにちは。
ストレッチャーに点滴、MRIでしたか 穏やかでは有りませんね、それでも大事無かったようで安堵しました。人によって違うのでしょうが私も狭心症でもう10年以上薬を飲んでます、医者に山に登ってもいいですかと聞いたらどんどん登れと言ってくれました。年に数回あるか無しの症状で済んでいます。ニトロの頓服も持っているだけで使った事はありません。
今年は特別花が多く見事ですねー、この時期の静かな山のつつじは天国を感じさせる雰囲気を感じています。近く行くだろう所がこんな綺麗な花園だったら良いですね、インレットさんの写真はどうしてこんなにきれいなのか見入ってしまいます。

No title

インレットさん こんにちは♪

お元気かな~と思ってお寄りして見たら
なんと赤白とシロヤシオがいっぱい。
静かな山で素敵ですね~。(^^)/
賑やかでない所を選んで、インレットさんらしいです。

心臓が、、悪い、、ただ事ではないですよ。
緩やかな山でゆっくりと登られて。。。

どうかお大事になさってください。

No title

インレットさん、こんにちは。
羽黒尾根は、以前から歩いてみたいと思っていた尾根です。
多くのつつじが咲くようで、来シーズンにでも行きたいです。
今年はつつじの当たり年のようで、日光足尾界隈でヤシオ三昧のこの頃です。

No title

ゆーみん さん、今晩は。
ゆーみん さんも心臓の具合が悪いのですか??。私はMRIにエコーの結果疲労のせいだと言われました。心臓は10歳ほど若い心臓で大丈夫とのことで安心しましたが、なるべく良く寝るようにとのことでした、そう言われれば睡眠はあまりとっていませんでした。山に行く時は、遠路が多いので朝の2時や3時に起きて出掛けて居ましたから、ろくに寝ていませんでした。
ゆーみんさんも、あまり働き過ぎないように気を付けてください。

No title

夢創歩さん、今晩は。
病院に行ったらすぐに担架に乗せられて治療室に行ったので、入院かと心配しましたが、点滴をやっていたら気持ちが良くなり、すぐに寝てしまいました。MRIやエコーの結果10年若い心臓だから大丈夫と言われて安心しました。遠くの山に行ったりするので、睡眠不足のようでした。
それでもお互い歳ですから気を付けましょう。

No title

とわ さん、今晩は。
ご心配をお掛けして申し訳ありません。
MRIにエコー検査の結果、心臓は10年若いと言われましたが、ここの処、早朝に山に行ったりして、睡眠不足のため動悸や息切れがしたようです。そんな訳でまた元のように山に行くことが出来そうです。

No title

ほせ さん、今晩は。
ここは存知でしたか、ツツジ類の咲くころでも、静かな山歩きが出来て。
特にシロヤシオの頃は最高の所です。是非来年の5月20日頃に登って
見てください、ほせ さんならば女峰まで行けると思います。

No title

今週はなにかと忙しくコメントを入れようと遅くなりました。
インレットさんのブログを楽しみにしていますので、お身体、無理せずにどうぞ。
今年はツツジは花付きが良いですね。

インレットさんのブログで知った神奈山。
20日に妙高の神奈山に登ろうと計画しましたが、流れました。
シラネアオイの登山道を歩きたかったですが、来年に繰り越しです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> インレット様 野中の山好きです。
>
> 年度末で退職しました。あいさつもできず申し訳なく思っていました。
> 山の話は面白かったです。お世話になりました。
>
> 暇ができたので残した山をボチボチ登っていきたいと考えています。


そうでしたか、最近見かけなくなったと思いました

まあ 長い間御苦労さまでした。毎日が日曜日では
かえって 体に悪いですから。どんどん山に登って
下さい。

No title

chiakiさん、今晩は。
忙しかったですか、夢さんの所にはコメントが入っていましたが、私の
所には入っていなかったので、今回はパスされたかと思っていました。
また宜しくお願い致します。
プロフィール

インレット

Author:インレット
殆ど毎週のように山に登り、時には沢登りも楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR