FC2ブログ

鼻曲山でレンゲショウマ三昧

2018/8/14日

この時期に見たい花ならばこの地方では、何と言ってもレンゲショウマの花です。丁度旧盆に相応しく、お墓に先祖を迎いに行く時に持って行く、あの小さな盆提灯のように、下を照らしているような、レンゲショウマの花は可愛いさもあり懐かしさも感じる花です。


         今日のレンゲショウマ
IMGP1286.jpg



山頂直下のこの山のレンゲショウマは、他所ではなかなか見られないほど群生しています。すでに多くのブロガーさんがアップしていますが、遅ればせながら、一日中山頂直下の群生地で遊び、花を楽しみました。


          登山口付近
IMGP1210.jpg


氷妻山を越えるころから、朝露に濡れた笹を掻き分けながらの登りになります。


          氷妻山
IMGP1213.jpg


山頂直下の群生地までは、なにも無い山ですから、群生地のレンゲショウマが満開であるように祈りながら目指します。


IMGP1215.jpg


その群生地の近くまで来たら、今年初めてのアサギマダラがお出迎い

IMGP1223.jpg

かなり蒸し暑い日で、汗をいっぱいかいて群生地に着きました。

IMGP1261.jpg


IMGP1343.jpg


IMGP1315.jpg


この花を見に、つい毎年のようにここに来てしまいます。近くの山ですから山頂へは後でゆっくりと行ことにして、暫くここに居て花々を眺めていようと思います。


IMGP1331.jpg


IMGP1332.jpg


IMGP1310.jpg


今日は登山者は幸いあまり多くは無く、長野の上田から来たという若い夫婦の方と、そのほか二組の方と行き会っただけでした、このレンゲショウマの群生を見て、上田から来たと言う若い夫婦の方は歓声を上げて喜んでいました。


IMGP1288.jpg


IMGP1371.jpg


IMGP1281.jpg


IMGP1326.jpg



この薄紫の小さな花が

きらめきながら 風に吹かれ

私にそして登山者に

さやさや さやさや

さやさや さやさやと

幸せを送ってくれていた


IMGP1330.jpg


IMGP1274.jpg


IMGP1316.jpg


今日は午後から雷雨とか

いっそ その時まで

ここに居て

濡れた花々眺めつつ

濡れた私の心の中の

父母や祖父母や

兄弟を想い出しつつ

ずーっとここで眺めよか


IMGP1340.jpg


IMGP1282.jpg

IMGP1372.jpg


前からも、横からも下からの姿も美しい花ですが、後ろ姿も美しい!!


IMGP1365.jpg


IMGP1367.jpg


さあ 長い時間楽しみました、そろそろ山頂へ行って、楽しみにしていた、ポテトチップでノンアルビールを飲み帰ろうと思います。


           鼻曲山山頂
IMGP1356.jpg


           角落山・剣ノ峰方面
IMGP1355.jpg


           留夫山方面
IMGP1354.jpg


遠くでゴロゴロと雷の音が聞こえて来ました。尾根を吹き通る風は急に冷たくなり、雷雨になる前に帰ろうと急ぎ下山、丁度車に着いて汗で濡れた服を、着替えていたら、いきなり バッシーと雷が近くに落ち、もの凄い豪雨になって来て、危うくセーフでした。


hanama111.jpg



スポンサーサイト

三坂峠より白砂山方面へ 2018/8/11日

山の日のこの日、国内最長の、ほぼ100kに及ぶロングトレイル「ぐんま県境稜線トレイル」が全線開通しました。と言ってもほとんどが今迄あった登山道をつないだだけですが、その内、今日これから登る 三坂峠~白砂山のコースだけが、今まで登山道が無く、新しく作られて、本日開通したばかりの登山道です。

       途中の稜線(帰りに撮影 後ろの青い山は赤城方面)
P1010476.jpg


この三坂峠から白砂山へのコースは、無雪期は密藪の藪漕ぎになり、有雪期はかなりの雪積量で登ることが出来ません。今迄で山好きな「山ヤ」さん達に僅かに残雪期に登られていた山域です。私も一度残雪期にトライして見ましたが、林道歩きだけで膝を越すラッセルに疲れ、何とか辛うじて一山だけ、ちょこっと登り敗退した所です。

          その時の画像です
sepato111.jpg sepato222.jpg

さて開通日の今日は、大勢の登山者で賑わっているだろうと思ったら、登山口の旧三国スキー場付近には、工事用のトラックが1台停まっているだけでした。

          登り始め
P1010386.jpg


今日は生憎霧雨の降る天気で、カッパを着てでは暑いので傘を差し、カメラはコンデジをポケットに入れて登りました。

P1010390.jpg


丸木橋と道標がある渡渉地点に着きましたが、昨日の雨で水量が多く、おまけに橋はありません、一気にイチ ニイのサンで駆け渡りました。

P1010392.jpg

P1010393.jpg

P1010397.jpg

1時間ちょっとかかり、三坂峠とこれから登る、新しく造られた白砂山への分岐に着きました。

P1010404.jpg

さあこれから登る、新しく造られたこのルートは、多分私が最初の登山者と思います。刈り払いされた笹の道は歩きにくいだろうと思ったら、丁寧に刈り払われていて、登山者に踏み固まれても居ず、フワフワと足に優しく歩きやすい道でした。

P1010405.jpg

P1010407.jpg

P1010412.jpg

晴れていれば前方に白砂・佐武流などの山々が見え、後方には三国山・平標・仙ノ倉などの谷川の山々が見える筈ですが、今日は生憎何も見えません。

P1010415.jpg

案外歩きやすい道ですが、結構アップダウンが多く、帰りにはきっと辛いかもしれません。

          傘を差しながら歩いています
P1010424.jpg

P1010420.jpg

P1010427.jpg

P1010431.jpg

P1010436.jpg

この県境のトレイルはこの区間以外は、今迄に全部歩いたことはあります。特に野反湖~横手山区間は歩く人も居ず、熊さんにヘビに大きなガマガエルに出会っただけで、当時は道も不明瞭で野反湖からカモシカ平・大高山・ダン沢の頭・赤石山と大変苦労した区間でした。早朝に歩き始め帰りは真っ暗山の道で、まだ若い時代でしたので歩けたコースです。

          ぐんま県境稜線トレイルのルート
P1010480.jpg

P1010437.jpg


今迄林間の道でしたが、この辺りからは熊笹の草原歩きになりました。晴れていればどんな景色が見えるのだろうかと思いつつ、群れて飛ぶトンボと一緒に歩いていました。

P1010438.jpg

P1010439.jpg

P1010443.jpg

雨が少し多くなってきて、レンズが濡れるようになってきました。

P1010442.jpg

奥に見える山が、取りあえずの目標の「セパトの頭」かな??。ここに落ちた雨は、やがて新潟県十日町の清津峡へセパト川となり流れて行きます。

P1010444.jpg

P1010445.jpg

P1010446.jpg

標識類は全く無い セパトの頭に着きました。僅かに赤テープが山頂を知らせているだけの山頂です。

P1010448.jpg

今日は更にこの奥の上ノ倉山~忠次郎山までは行く積もりでしたが、雨が少し激しくなり、おまけに足も攣って来ました。ここからは展望のない林間コースになるようなので、今日はここまでとして、木の下蔭で食事をして下山することにしました。

P1010449.jpg

          残雪期に四万温泉付近から良く登った 栂ノ頭~コシキの頭方面
P1010452.jpg

P1010455.jpg

P1010458.jpg

          奥に稲包山
P1010463.jpg

下へ降りてきたら青空も少し見えて来ました    

          稲包山
P1010467.jpg

          西稲包山かなー??
P1010468.jpg

今回のこのコースの上部は一部 白砂山から上ノ間山だけは残雪期に歩いたことがります。そのあたりも展望は良く草原のような尾根歩きになり、残雪の佐武流山が良い眺めでした、今日のこのコースはアップダウン多くありますが、美しい林間や草原歩きもあり、春夏秋冬面白い山域のようです。

P1010477.jpg

今日はこの登山道歩く最初の登山者になり記念する登山でしたが、奇しくも前日に、このコースを視察していた、県の防災ヘリが墜落し9人の方が亡くなりました。

       良いコースを有難うございました。御冥福を祈ります。

P1010478.jpg



天神山から高崎の花火 2018/8/4日

今年も懲りずに天神山から、高崎の花火を見ようと、夕方に三脚と飲み物を背負って登りました。夕闇迫る登山道には、街ではあまり聞かなくなった、ヒグラシゼミのカナカナと鳴く声が響き、こんな蝉の声も、昔を懐かしむようで良いものでした。

IMGP1093.jpg


毎年のように天神山から高崎の花火を眺め写真を撮っています。いつもは誰も居ず静かな山頂でしたが、昨年は珍しく私を含めて6人の方が居て写真を撮っていました。今年はどうかなー と思ったらいつものように私だけの静かな山頂で、爽やかな風に吹かれながら、開演7時40分を待ちました。

IMGP1051.jpg

IMGP1059.jpg

IMGP1101.jpg

IMGP1123.jpg

天神山は昔はノロシ場のあった所ですから眺めは良い所です、ここから花火会場までは、およそ4・5kありますのでスームレンズを300mmの望遠にして撮っていますが、なかなかピントが合わずに苦労します。

IMGP1053.jpg

IMGP1141.jpg

IMGP1189.jpg

花火が上がれば、腹に響く音が数秒ほど遅れて雷鳴のように、ここに届きます。一つ一つの音が、懐かしい友や、親兄弟の声のようで懐かしさを感じながら眺めていました。

IMGP1115.jpg

IMGP1146.jpg

IMGP1145.jpg

IMGP1163.jpg

今頃は祭りや花火大会が盛りのようで、反対側の山の奥の方からも花火の音が響いて来ます、高崎市内の祭りも山車が出て賑やかなようで、風に乗って祭囃子も微かに聞こえてきます。

IMGP1131.jpg

IMGP1144.jpg

IMGP1165.jpg

IMGP1178.jpg

花火は美しくて儚くて、そして懐かしさも感じられ、つい毎年見に来てしまいます。

IMGP1079.jpg

IMGP1084.jpg

IMGP1085.jpg

高崎の花火は1時間の間に1万5千発の花火が一気に上がります、特に最後の10分ほどは、バリバリと休む暇も無くあがり夜空を焦がします、その潔よさが私は好きなのです。

               最後の花火
IMGP1191.jpg

IMGP1182.jpg

IMGP1188.jpg

IMGP1187.jpg

IMGP1186.jpg

IMGP1192.jpg

IMGP1193.jpg

IMGP1199.jpg

高崎の花火は今年も華やかに終わりました。反対側の山奥からはまだ時々花火の音が聞こえてきて、その音を聞きながら、過去を振り返るのは止めようと思いつつ、今日もまた遠い昔を思いつつ、真っ暗な山道をヘッドランプを頼りに降りました。

IMGP1194.jpg

    なつかしさ 儚さもあり 遠花火

    山道を 降りながら聞く 遠花火
                       ・・・・・・シンタロー

IMGP1200.jpg



プロフィール

シンタロー

Author:シンタロー

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR