FC2ブログ

甲子山から旭坊主沼と秘湯の二岐温泉へ

2018/10/13日。
昨年の10月9日に登った、那須の三本槍の奥に聳える、甲子山から旭への紅葉が素晴らしかったので、またもう一度見て見たいと思い、今年も行って来ました。


          坊主沼付近より旭岳
IMGP1896.jpg



昨年の紅葉は若干早かったかなー と思い4日ほど遅く、甲子トンネル付近から登りました。


          登り始め
IMGP1796.jpg



登り始めのつづら坂は、昨年よりも少し紅葉の木が多いようです。



IMGP1799.jpg



IMGP1800.jpg



猿ヶ鼻を過ぎるころから紅葉の木々も多くなって来ました。



IMGP1806.jpg



IMGP1808.jpg



途中の道より何時かは登って見たい大白森方面



IMGP1810.jpg



甲子山と大白森への分岐を過ぎる頃からは、少し賑やかな紅葉になって来ましたが・・・




       大白森と甲子山の分岐
IMGP1824.jpg




IMGP1820.jpg



昨年のような色鮮やかな紅葉はありません、この夏の沢山の台風や強風に既に葉も散ってしまい、枯葉になってしがみついてる、葉も多く少し残念は風景です。



IMGP1822.jpg



IMGP1825.jpg



         甲子山山頂
IMGP1828.jpg



         山頂よりこれから登る旭岳方面
IMGP1829.jpg




         会津方面
IMGP1832.jpg



ここから大きく降って旭へと登り返しますが、その途中も昨年は素晴らしい紅葉でした。
そちらへ行けば何んとか良い紅葉が見られるかと期待していました。




          昨年のその辺りの紅葉はこんな感じでした
2017 1



          そして今年は
IMGP1839.jpg



大きく降って旭へと登り返しますが、その途中の紅葉は



        昨年はこんな感じでした
2017 2



         今年は
IMGP1859.jpg



今年は寂しい風景ですが
単独で登っていれば
サビサビとした風景は
慣れっこで
こんな風景も
心に浸みる風景です。
寂しさはお互い様と
慰めながら・・・



IMGP1853.jpg



IMGP1860.jpg



IMGP1866.jpg



木々のささやきを
じっと聞き
昨年心の中で聞いていた
静かな音楽を
想い出し
冬の始まったような
風に吹かれつつ
歩いていました




IMGP1872.jpg




IMGP1876.jpg




          坊主沼避難小屋
IMGP1895.jpg



         山頂直下の坊主沼
IMGP1899.jpg



IMGP1901.jpg




坊主沼避難小屋で少し早い食事にして下山、帰りの紅葉は来るときよりも少し鮮やかになったような気がしました。




          帰りの紅葉
IMGP1912.jpg



IMGP1916.jpg



IMGP1917.jpg



IMGP1920.jpg




隣の村 天栄村にはいくつかの秘湯の温泉があります。その中の二岐温泉に湯小屋と言う秘湯中の秘湯があります。あの大人の漫画を細かいペン画で描いてマニアには結構人気のあった つげ義春の漫画にも出て来る温泉です。以前から一度その温泉に入って見たいと思っていました。


          湯小屋
P1020055.jpg



世の中の裏側にあるような、貧し気な宿屋を見ると
私はむやみに泊まりたくなる
そして侘しい部屋でセンベイ布団に細々とくるまっていると
自分がいかにも零落して
世の中から見捨てられたような心持がして
なんとも言えぬ安らぎを感じる・・・・ つげ義春の温泉旅のエッセイ集 貧困旅行記より


入り口で管理人の方に¥500払って旅館と言うより、古い工事現場の壊れそうな家の中に入り、塩ビで造られた階段を降りて、男風呂の脱衣場に入ります。



P1020052.jpg



          脱衣場
P1020049.jpg




          男風呂の内湯 (女湯の内湯はここの手前にあります)
P1020048.jpg



          川沿いの露天風呂
P1020036.jpg




阿武隈川源流の川沿いに露天風呂があります。下の湯が少しぬるめで、上の風呂は丁度良い湯加減です、川のせせらぎと、黄色く色付き始めた木々を眺め、足を伸ばしてのんびりと入っていると、なんとも言えぬ安らぎを感じ、ずーっとここに居たい気分でした。
内湯は透明で、青みがかった熱めの湯でしたが、飲んでみると蕎麦湯のような味がしました。



P1020056.jpg



旅館はボロ小屋でしたが、温泉は良い温泉でした、営業は4月頃から10月頃までの週末だけのようです。泊まりは素泊まりで¥3000です。駐車場は道路に無料の駐車場があり、その駐車場の前を川沿いに降りて行った所に小屋はあります。



P1020057.jpg



下の絵は、つげ義春が描いた群馬県猿ヶ京温泉の少し下の国道17号沿いにある湯宿温泉の絵です。新潟の山に登った帰りには、よくこの湯宿温泉に入りました。僅か500mくらいの間に3軒の共同湯があり。地元の人は皆鍵を持っていていつでも入れますが、他所の人はその内の一つだけはいつでも入れるようになっています。小さな共同湯ですが、温泉は良い湯です。



P1020058.jpg



日々鬱陶しく息苦しく、そんな日常や現世から、人知れずそっと蒸発してみたい――やむにやまれぬ漂泊の思いを胸に、鄙びた温泉宿をめぐり、人影途絶えた街道で、夕闇よぎる風音を聞く。窓辺の洗濯物や場末のストリップ小屋に郷愁を感じ、俯きかげんの女や寂しげな男の背に共感を覚える……。つげ義春の漫画は、そんな郷愁を感じる、大人の漫画です。




スポンサーサイト

紅葉の越後駒ヶ岳

2018/10/6日

週末になると台風が来襲して、山に行くことが出来ませんでしたが、今週末は何とか晴れ間もありそうで、紅葉狩り登山を越後駒ヶ岳でして見ようと思います。


           今日の駒ケ岳
P1010836.jpg


前回は、4年前の10月4日、一日中小雨降るなかを登りました。雨の中では紅葉はあまり映えませんが、その時は素晴らしい黄葉の道が続き、雨を忘れる程の美しい黄葉でした。今回はその黄葉と展望を楽しみに出かけました。



          道行山方面
P1010761.jpg


ここは結構アップダウンの多いロングコースです。その為 前日の金曜日の夜に、枝折峠で車中泊して、早朝に登ろうと思っていました。


P1010771.jpg



ところが金曜日は忙しくて、遅くまで仕事になってしまい。仕方が無いので土曜日の早朝に家を出て日帰りにすることにしました。



P1010772.jpg



最近は早朝に起きて山に行くのが苦手になり、この日は寝坊をしてしまい。登山口に着いたのが10時過ぎになってしまいました。パッキングして歩き始めたのが11時頃と遅い登山になってしまいましたが。単独の気楽さで紅葉の美しい所まで行ければ良いかー と勝手に思い登り始めました。

          道行山の山頂にて
P1010791.jpg




          道行山より荒沢岳方面
P1010792.jpg



P1010793.jpg


          
           これから登る駒ケ岳方面
P1010794.jpg




明神峠から道行山あたりまでは、前回よりも黄葉は台風の影響かあまり良くありませんでしたが、道行山から小倉山に行くあたりからは、良い黄葉になって来ました。




P1010811.jpg




P1010814.jpg



P1010816.jpg




今日はロングコースなので、なるべく荷物を軽くしようと思い、カメラはコンデジで撮っていますが、こんな黄葉を見ると、1眼を持ってくれば良かったかなー と後悔しながら撮っていました。



P1010823.jpg




P1010825.jpg




P1010829.jpg



これから小倉山を経由して駒が岳に登りますが紅葉は一層綺麗になって来ました。



          小倉山方面
P1010833.jpg



P1010838.jpg



小倉山は駒ノ湯方面から登れば直接登れます、ここからの道は直下をトラバースするようになっていて、ちょこっと登って見ましたが紅葉はイマイチでしたので下山して次に向かいます。




P1010850.jpg




P1010853.jpg




P1010861.jpg




P1010862.jpg




小倉山から百草池付近までの道は、以前来た時は「幸せの黄色いトンネル」なんてブログに書きましたが、今日もそんな素晴らしい紅葉になっていました。




P1010865.jpg




P1010877.jpg




P1010879.jpg




逆光の日差しが眩しいくらいで、HDRで撮りましたが、三脚無しで撮ったので、少しブレてしまいました




P1010882.jpg




P1010891.jpg




P1010893.jpg




P1010894.jpg




百草池付近を通り過ぎて、いよいよ駒ケ岳を眺めながらの急登になって来ました。




P1010898.jpg




          眼下に百草池と登って来た尾根
P1010907.jpg




          越後駒ケ岳
P1010909.jpg




ここからならば駒の小屋まで30分。駒の小屋から山頂までも30分ほどで行くことが出来ますが、既に午後3時を回ってしまいました。この辺りで遅い食事にして帰ろうと思います。




P1010919.jpg





          小屋に物資を運ぶヘリ
P1010925.jpg




          帰り道にて
P1010936.jpg






          帰り道の尾根
P1020024.jpg




素晴らしかった黄葉に、来て良かったと思いながら、幾つも幾つもアップダウンを繰り返し、辛うじて陽が山の端に沈むころ、もう皆帰ってしまった枝折峠の駐車場に着きました。





P1020029.jpg






プロフィール

シンタロー

Author:シンタロー

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR