FC2ブログ

紅葉の当間山 2018/10/28日 NO 2

展望台で日本海方面の微かに見える米山や弥彦山方面を眺め、少し早い食事にしました。ノンビリ登山ですからコンビニオニギリにカップラーメンですが美味しく戴き山頂へ向かいました。



IMGP2156.jpg




          山親爺と書かれた ブナの木がありました
IMGP2157.jpg




それこそ親爺のような厳しい試練を越えて来たと思われるブナの木でした




IMGP2158.jpg



IMGP2159.jpg



         上部の綺麗な紅葉の下が山頂の三角点のある所です
IMGP2162.jpg



         山頂方面
IMGP2165.jpg



山頂には魚沼スカイライン方面から登って来た夫婦の方が食事をしていました。三角点の碑を撮るのを忘れてしまいましたが。ここはあまり展望が無く僅かに開けた所から、巻機山方面を眺めて下山しました。




          湯沢町と巻機山方面
IMGP2172.jpg



IMGP2173.jpg




IMGP2174.jpg



IMGP2177.jpg



帰りは順光ですから紅葉も一層鮮やかになって来ました。




IMGP2182.jpg



IMGP2183.jpg



IMGP2189.jpg



この辺りから来た道と違って「ブナ回廊」と言われる道を降りました。



IMGP2190.jpg



IMGP2192.jpg



IMGP2196.jpg



今回も前回と同じくBluetoothで小さなスピーカーに音楽を流して歩いて居ます。




         ここにはこんな先住民??が大勢住んで居ますので
IMGP2203.jpg



          まあ私なんか食べても骨ばかりで美味しくはありませんが
IMGP2204.jpg



今回はクラッシクやジャズでは無く ド演歌ばかりを聞きながら降りました。



IMGP2198.jpg



IMGP2200.jpg




加藤登紀子や高倉健さんの歌っていた

「時代遅れの酒場」

♪♪この街には 不似合いの
  時代遅れのこの酒場
  今夜もやってくるのは
  ちょっと疲れた男たち
  風の寒さをしのばせた
  背広姿の男たち
  酔いがまわればそれぞれに
  歌の一つもとびだして
  唄を唄えば血が騒ぐ
  気が付けば窓の隙間に
  朝の気配が忍び込む・・・



IMGP2210.jpg




IMGP2202.jpg



IMGP2206.jpg




♪♪俺はこんな所にいつまでもいるんじゃないと
  この街には住み飽きて
  俺の女もどこかへ行った
  あいつ今頃どこでどうして
  どんな男といるんだろ
  夢の苦さも知りもせず
  夢を探しているんだろー



IMGP2211.jpg




IMGP2214.jpg



俺はこんなやつらと
こんな所にいつまでも
うろうろしてなどいないと
思いながら
未だにそんな所を
うろついていて
結局未だに
背中に寒い冬の風が吹き通る
こんな道を歩いています。




IMGP2216.jpg




IMGP2220.jpg




     長いブログになりましたが、最後まで読んで戴き有難うございました。




スポンサーサイト

紅葉の当間山 2018/10/28日 NO 1

刈り取られた稲穂の株が残る田圃は,初冬らしい風景になって来ました。今日は久しぶりに秋晴れの天気になるようなので、今年の残雪の頃と夏の深緑の頃に楽しみ、紅葉の頃も良さそうな当間山に行くことにしました。



          今日の紅葉
IMGP2164.jpg




新潟の湯沢を過ぎ、まだそれほど紅葉していない清津峡付近を通り越し、登山口に着きました。登山口の駐車場には1台も車が無く、今日も一人旅のようです。



          登り始め
IMGP2076.jpg



IMGP2082.jpg



IMGP2084.jpg



IMGP2086.jpg



この山は広大なブナ林の続く山ですから、一日中ブナ林の中の景色になります。登り始めは黄緑色のブナ林でしたが、徐々に黄色みがかったブナ林になって来ました。



IMGP2090.jpg



IMGP2091.jpg



IMGP2092.jpg



IMGP2098.jpg



登りはズーッと太陽に向かって登り、その日差しと木漏れ日に揺れる木々を眺めながら登りました。



IMGP2113.jpg



IMGP2096.jpg



IMGP2112.jpg



IMGP2103.jpg



こんなブナ林の森が古代からの、日本の山の原風景なのでしょうか、その為なんとなく癒される風景です。



IMGP2106.jpg



IMGP2102.jpg



IMGP2104.jpg



IMGP2108.jpg



秋はきらびやかで 
華やかで 爽やかで
そして 
夏の花火のように
終わりが近くなれば、
鮮やかになるほどに
寂しい季節です




IMGP2107.jpg



IMGP2111.jpg



IMGP2129.jpg



IMGP2130.jpg



霧氷の木々が
晴れやかな雪の上に
揺れながら影を落としていた冬

花はそれ程無かった道に
小鳥たちが鳴き騒いでいた夏

今は何の音も無く
少し冷たくなった
黄色い風が吹くだけの道




IMGP2133.jpg



IMGP2131.jpg



IMGP2135.jpg



IMGP2137.jpg



すぐ上に展望台がありますが。今回はそこまででにして、残りは NO2でアップします。



IMGP2139.jpg



IMGP2142.jpg



          日本海方面の米山や苅羽黒姫山方面
IMGP2180.jpg



IMGP2147.jpg



IMGP2148.jpg



          これから登る当間山方面
IMGP2143.jpg





画像が多くなりましたので、この続きは NO2でアップ致します



道無き尾根から紅葉の赤城五輪尾根へ

2018/10/20日

今年の夏に深山バス停方面から適当に尾根に登ったら、案外良い尾根で紅葉の頃は良さそうだと思っていました。その時はどこへ登り上げるのか解らず、スマホの地図を見たら赤城の五輪尾根へ登るようでした。




          尾根の紅葉
P1020230.jpg



           登り始めの紅葉
P1020084.jpg




今日は久しぶりの日曜日の好天で、秋日よりのようです。紅葉の始まった赤城への道路は大混雑でした、黒桧や地蔵方面の山も登山者で賑わっているようですが、こちらは勿論登山者は一人もいません。



P1020093.jpg



P1020099.jpg



P1020101.jpg



赤や黄色に染まった紅葉も良いものですが、その中に黄緑色の混じった紅葉があると、その変化する色は落ち着きがあって良いグラデーションになっています。。



P1020102.jpg



P1020107.jpg



P1020111.jpg



P1020130.jpg



解り難い所には、以前来たときに付けた赤テープがあり、そんなものにも懐かしさを感じる尾根でした。



P1020136.jpg



P1020135.jpg



P1020147.jpg



枯葉を踏む音に枯れ枝を踏む靴の音が聞こえるだけの道ですが、時折 縄張りに踏み入った動物を脅すかのように鹿のキーンと言う鋭い声が聞こえて来ます。



P1020166.jpg



P1020156.jpg



P1020162.jpg



今日も近くの山ですから、ゆっくりと家を出てのノンビリ登山ですが、秋の陽はツルベ落とし、急がねば・・・。




P1020173.jpg



             五輪尾根が見えて来ました
P1020182.jpg


五輪尾根の陣笠と薬師の中間付近に登り上げました。ここで大沼や地蔵を眺め食事にしました。



P1020187.jpg



P1020189.jpg




秋晴れの穏やかな日差しに、濡れた背中を暖めて下山しました。



P1020193.jpg



P1020196.jpg



P1020200.jpg



P1020206.jpg



登る時は逆光気味でしたが、帰りは順光気味で、紅葉は一層鮮やかに見えました





P1020209.jpg






P1020210.jpg





P1020211.jpg



今日は熊避けかわりに、小さな丸いスピーカーをザックに付けて、ウオークマンからBluetoothで流し、好きな曲をランダムに聴きながら下山しました。周りに人が居れば迷惑かも知れませんが、誰も居ない道ですから大きな音で聴きながら、良い紅葉に好きな曲を聴きながらですから、結構楽しい時間でした。



P1020213.jpg



P1020214.jpg



P1020216.jpg



P1020217.jpg



最近好きな曲で良く聴いて居る
天満敦子さんの」ヴァイオリンで
芭蕉の「奥の細道」をイメージにして
佐渡に横たう 天の川を見ながら
トボトボと歩いて居る
芭蕉を思いながらの曲
「旅人の詩」や

同じく天満さんのヴァイオリンで
ナチスに掴まって牢屋に入れられ
その中で故郷を思い作曲した
「望郷のバラード」などをl聴き



P1020218.jpg



P1020219.jpg



静かな静かな
それこそ眠ってしまいそうな
カヴァレリアルスティカーナの間奏曲や




P1020220.jpg




P1020225.jpg





時には民謡で
津軽の炭焼きのため
山奥に入った人達の
津軽山唄を聞き

♪♪炭焼きじゃー やえー
  一人山奥 釜 釜暮らし
  花も紅葉も散りはてて
  奥山暮らしは寂しかろー




P1020226.jpg



時にはエンヤのウォターマークや
ケルツなどを聞きながら
ピートモスを燃やして
暖炉にあたりながら過ごす
アイルランド地方に
思いを寄せながら歩いていました



P1020227.jpg




人の行く裏に道あり宝山
なんて言われますが
今日は大勢の方が登った
地蔵や黒桧は先日の台風の為
すでに枯葉状態で
今日はこちらの方が
良かったかも知れません




P1020231.jpg








紅葉の村上山

2018/10/20日

以前は毎年のように、この山には登っていましたが、最近は結構多くの登山者が登っているようなので遠慮していました。今日は荒れた天気になりそうなので、比較的簡単な山で紅葉を楽しもうと思い、来て見ました。

          今日の「清流の道」
IMGP1927.jpg




朝方は晴れていましたが、登り始めるころには意地悪にも雲の多い天気になってしまいました。
紅葉は中々良さそうで久し振りでしたが、ここはやっぱり良いなーと思いながら歩き始めました。



IMGP1935.jpg



まず「清流の道」へと歩きます。



IMGP1936.jpg



IMGP1938.jpg



IMGP1941.jpg



IMGP1942.jpg



IMGP1951.jpg



IMGP2053.jpg



IMGP2052.jpg




ここから来た道を戻り村上山へと登ります。



IMGP1945.jpg



この山では紅葉の景色も良いですが、並木道のように並んだ落葉松林の道も今頃は良い所です。



IMGP1960.jpg



IMGP1966.jpg



IMGP1967.jpg



IMGP1972.jpg



天気は今にも降って来そうな空模様になって来ました。
そんな天気の為か行き交う登山者は一人もいません
枯葉の落ちる音と
枯葉を踏む音が聞こえるだけの
静かな静かな道でした



IMGP1973.jpg



IMGP1974.jpg



IMGP1976.jpg



          村上山山頂 1746m
IMGP1979.jpg



          田代湖と嬬恋村方面
IMGP1981.jpg




          浅間も厚い雲の中
IMGP1983.jpg



浅間や嬬恋村を眺め、少し早い食事にして下山、帰りは「野草園」方面に藪を漕いで降りようかと思いましたが、ポツリ ポツリと降って来て、ズボンが濡れそうで、雨具は持ってはいますが、着替えるのも面倒で、来た道を下山しました。



IMGP1985.jpg



IMGP1986.jpg



降りだした秋の雨は、寂しい雨
野上 彰の詩 「落葉松」のような
銀の雨降る道でした



IMGP1995.jpg



IMGP1998.jpg



落葉松の秋の雨に
私の心が濡れる


落葉松の陽のある雨に
私の想い出が濡れる・・・、



IMGP2001.jpg



IMGP2007.jpg



落葉松の秋の雨に
私の手が濡れる

落葉松の銀の雨に
私の過去が濡れる・・・



IMGP2022.jpg



IMGP2023.jpg



IMGP2030.jpg



「清流の道」付近に着きましたが、まだ綺麗な紅葉の道があるので
そちらを少し歩いて来ました。



IMGP2029.jpg



IMGP2031.jpg



IMGP2040.jpg



今日は心の中まで、すっかり秋色に染まった一日でした。



IMGP2042.jpg



IMGP2046.jpg



近くでこんなに綺麗な紅葉が見られたら
また 明日も近くの山で紅葉を楽しもうかな??



IMGP2048.jpg






甲子山から旭坊主沼と秘湯の二岐温泉へ

2018/10/13日。
昨年の10月9日に登った、那須の三本槍の奥に聳える、甲子山から旭への紅葉が素晴らしかったので、またもう一度見て見たいと思い、今年も行って来ました。


          坊主沼付近より旭岳
IMGP1896.jpg



昨年の紅葉は若干早かったかなー と思い4日ほど遅く、甲子トンネル付近から登りました。


          登り始め
IMGP1796.jpg



登り始めのつづら坂は、昨年よりも少し紅葉の木が多いようです。



IMGP1799.jpg



IMGP1800.jpg



猿ヶ鼻を過ぎるころから紅葉の木々も多くなって来ました。



IMGP1806.jpg



IMGP1808.jpg



途中の道より何時かは登って見たい大白森方面



IMGP1810.jpg



甲子山と大白森への分岐を過ぎる頃からは、少し賑やかな紅葉になって来ましたが・・・




       大白森と甲子山の分岐
IMGP1824.jpg




IMGP1820.jpg



昨年のような色鮮やかな紅葉はありません、この夏の沢山の台風や強風に既に葉も散ってしまい、枯葉になってしがみついてる、葉も多く少し残念は風景です。



IMGP1822.jpg



IMGP1825.jpg



         甲子山山頂
IMGP1828.jpg



         山頂よりこれから登る旭岳方面
IMGP1829.jpg




         会津方面
IMGP1832.jpg



ここから大きく降って旭へと登り返しますが、その途中も昨年は素晴らしい紅葉でした。
そちらへ行けば何んとか良い紅葉が見られるかと期待していました。




          昨年のその辺りの紅葉はこんな感じでした
2017 1



          そして今年は
IMGP1839.jpg



大きく降って旭へと登り返しますが、その途中の紅葉は



        昨年はこんな感じでした
2017 2



         今年は
IMGP1859.jpg



今年は寂しい風景ですが
単独で登っていれば
サビサビとした風景は
慣れっこで
こんな風景も
心に浸みる風景です。
寂しさはお互い様と
慰めながら・・・



IMGP1853.jpg



IMGP1860.jpg



IMGP1866.jpg



木々のささやきを
じっと聞き
昨年心の中で聞いていた
静かな音楽を
想い出し
冬の始まったような
風に吹かれつつ
歩いていました




IMGP1872.jpg




IMGP1876.jpg




          坊主沼避難小屋
IMGP1895.jpg



         山頂直下の坊主沼
IMGP1899.jpg



IMGP1901.jpg




坊主沼避難小屋で少し早い食事にして下山、帰りの紅葉は来るときよりも少し鮮やかになったような気がしました。




          帰りの紅葉
IMGP1912.jpg



IMGP1916.jpg



IMGP1917.jpg



IMGP1920.jpg




隣の村 天栄村にはいくつかの秘湯の温泉があります。その中の二岐温泉に湯小屋と言う秘湯中の秘湯があります。あの大人の漫画を細かいペン画で描いてマニアには結構人気のあった つげ義春の漫画にも出て来る温泉です。以前から一度その温泉に入って見たいと思っていました。


          湯小屋
P1020055.jpg



世の中の裏側にあるような、貧し気な宿屋を見ると
私はむやみに泊まりたくなる
そして侘しい部屋でセンベイ布団に細々とくるまっていると
自分がいかにも零落して
世の中から見捨てられたような心持がして
なんとも言えぬ安らぎを感じる・・・・ つげ義春の温泉旅のエッセイ集 貧困旅行記より


入り口で管理人の方に¥500払って旅館と言うより、古い工事現場の壊れそうな家の中に入り、塩ビで造られた階段を降りて、男風呂の脱衣場に入ります。



P1020052.jpg



          脱衣場
P1020049.jpg




          男風呂の内湯 (女湯の内湯はここの手前にあります)
P1020048.jpg



          川沿いの露天風呂
P1020036.jpg




阿武隈川源流の川沿いに露天風呂があります。下の湯が少しぬるめで、上の風呂は丁度良い湯加減です、川のせせらぎと、黄色く色付き始めた木々を眺め、足を伸ばしてのんびりと入っていると、なんとも言えぬ安らぎを感じ、ずーっとここに居たい気分でした。
内湯は透明で、青みがかった熱めの湯でしたが、飲んでみると蕎麦湯のような味がしました。



P1020056.jpg



旅館はボロ小屋でしたが、温泉は良い温泉でした、営業は4月頃から10月頃までの週末だけのようです。泊まりは素泊まりで¥3000です。駐車場は道路に無料の駐車場があり、その駐車場の前を川沿いに降りて行った所に小屋はあります。



P1020057.jpg



下の絵は、つげ義春が描いた群馬県猿ヶ京温泉の少し下の国道17号沿いにある湯宿温泉の絵です。新潟の山に登った帰りには、よくこの湯宿温泉に入りました。僅か500mくらいの間に3軒の共同湯があり。地元の人は皆鍵を持っていていつでも入れますが、他所の人はその内の一つだけはいつでも入れるようになっています。小さな共同湯ですが、温泉は良い湯です。



P1020058.jpg



日々鬱陶しく息苦しく、そんな日常や現世から、人知れずそっと蒸発してみたい――やむにやまれぬ漂泊の思いを胸に、鄙びた温泉宿をめぐり、人影途絶えた街道で、夕闇よぎる風音を聞く。窓辺の洗濯物や場末のストリップ小屋に郷愁を感じ、俯きかげんの女や寂しげな男の背に共感を覚える……。つげ義春の漫画は、そんな郷愁を感じる、大人の漫画です。




紅葉の越後駒ヶ岳

2018/10/6日

週末になると台風が来襲して、山に行くことが出来ませんでしたが、今週末は何とか晴れ間もありそうで、紅葉狩り登山を越後駒ヶ岳でして見ようと思います。


           今日の駒ケ岳
P1010836.jpg


前回は、4年前の10月4日、一日中小雨降るなかを登りました。雨の中では紅葉はあまり映えませんが、その時は素晴らしい黄葉の道が続き、雨を忘れる程の美しい黄葉でした。今回はその黄葉と展望を楽しみに出かけました。



          道行山方面
P1010761.jpg


ここは結構アップダウンの多いロングコースです。その為 前日の金曜日の夜に、枝折峠で車中泊して、早朝に登ろうと思っていました。


P1010771.jpg



ところが金曜日は忙しくて、遅くまで仕事になってしまい。仕方が無いので土曜日の早朝に家を出て日帰りにすることにしました。



P1010772.jpg



最近は早朝に起きて山に行くのが苦手になり、この日は寝坊をしてしまい。登山口に着いたのが10時過ぎになってしまいました。パッキングして歩き始めたのが11時頃と遅い登山になってしまいましたが。単独の気楽さで紅葉の美しい所まで行ければ良いかー と勝手に思い登り始めました。

          道行山の山頂にて
P1010791.jpg




          道行山より荒沢岳方面
P1010792.jpg



P1010793.jpg


          
           これから登る駒ケ岳方面
P1010794.jpg




明神峠から道行山あたりまでは、前回よりも黄葉は台風の影響かあまり良くありませんでしたが、道行山から小倉山に行くあたりからは、良い黄葉になって来ました。




P1010811.jpg




P1010814.jpg



P1010816.jpg




今日はロングコースなので、なるべく荷物を軽くしようと思い、カメラはコンデジで撮っていますが、こんな黄葉を見ると、1眼を持ってくれば良かったかなー と後悔しながら撮っていました。



P1010823.jpg




P1010825.jpg




P1010829.jpg



これから小倉山を経由して駒が岳に登りますが紅葉は一層綺麗になって来ました。



          小倉山方面
P1010833.jpg



P1010838.jpg



小倉山は駒ノ湯方面から登れば直接登れます、ここからの道は直下をトラバースするようになっていて、ちょこっと登って見ましたが紅葉はイマイチでしたので下山して次に向かいます。




P1010850.jpg




P1010853.jpg




P1010861.jpg




P1010862.jpg




小倉山から百草池付近までの道は、以前来た時は「幸せの黄色いトンネル」なんてブログに書きましたが、今日もそんな素晴らしい紅葉になっていました。




P1010865.jpg




P1010877.jpg




P1010879.jpg




逆光の日差しが眩しいくらいで、HDRで撮りましたが、三脚無しで撮ったので、少しブレてしまいました




P1010882.jpg




P1010891.jpg




P1010893.jpg




P1010894.jpg




百草池付近を通り過ぎて、いよいよ駒ケ岳を眺めながらの急登になって来ました。




P1010898.jpg




          眼下に百草池と登って来た尾根
P1010907.jpg




          越後駒ケ岳
P1010909.jpg




ここからならば駒の小屋まで30分。駒の小屋から山頂までも30分ほどで行くことが出来ますが、既に午後3時を回ってしまいました。この辺りで遅い食事にして帰ろうと思います。




P1010919.jpg





          小屋に物資を運ぶヘリ
P1010925.jpg




          帰り道にて
P1010936.jpg






          帰り道の尾根
P1020024.jpg




素晴らしかった黄葉に、来て良かったと思いながら、幾つも幾つもアップダウンを繰り返し、辛うじて陽が山の端に沈むころ、もう皆帰ってしまった枝折峠の駐車場に着きました。





P1020029.jpg






プロフィール

インレッド

Author:インレッド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR