FC2ブログ

今年初の新潟の山は坊谷山 20196/1/12日。

久しく雪模様の続いた新潟地方も、今日は何とか晴れ間もありそうなので、雪見登山を南魚沼地方の里山、坊谷山に登って雪国の風景を楽しもうと思います。



           坊谷山山頂より守門・下権現堂山方面
IMGP3023.jpg



この山は地元の登山者の方にも、あまり知られていない山と思いますが、実は知る人ぞ知る「雲海」の山なのです。今日もその雲海が見られれば良いなー と思いつつ登っていました。



           霧の湧く下・上権現堂山方面
IMGP2959.jpg



朝方は雲が湧き、雲海になるかと期待しながら登っていました。



IMGP2968.jpg



          登り始めの尾根
IMGP2966.jpg



生憎、雲海にはならないようですが、その片鱗は少し見られたようです。ここは里山の低山ですが、今回登った細越峠付近かtらの道は、ピークがいくつかあるようです。



          まず一つ目のピーク
IMGP2971.jpg



          そのピークから魚沼平野
IMGP2973.jpg



         次のピークを目指します
IMGP2974.jpg



IMGP2975.jpg



踏み跡は動物たちの歩いた足跡だけが残る道です。



IMGP2979.jpg



          後方に駒ケ岳方面が少し見えて来ました
IMGP2985.jpg



          二つ目のピークを目指します
IMGP2989.jpg



IMGP2990.jpg



         二つ目のピーク
IMGP2992.jpg



山頂からの眺めはそれ程変わりませんが青空が多くなり一層よい眺めになりました。



IMGP2997.jpg



IMGP2999.jpg



IMGP3000.jpg


少し降って三つ目のピークに行きます。



IMGP3002.jpg




IMGP3003.jpg



小粒ながらピリッと辛い道もありました



IMGP3005.jpg



五重の塔のような碑が立つ、三つ目のピークが見えて来ました。



IMGP3007.jpg



疫病が流行らないように祈願した塔の建つ山頂は、その名の通り「塔ノ山」と言われているようです。



           次に四っつ目のピークを目指します
IMGP3008.jpg



           歩いて来た尾根
IMGP3009.jpg



          いよいよ本峰かなー
IMGP3010.jpg



IMGP3012.jpg



          坊谷山 山頂
IMGP3013.jpg



魚沼平野が一望できる山頂に着きました。このあたりからは反対側から登って来たらしい、数日前の踏み跡がありました。




IMGP3022.jpg



遠くあるいわ近くに真っ白い山波が続き、その下には、雪の田畑が整然と並び、人家は静かに眠るように建っています。雪の無い地方に住んで居る人間にとっては、大変美しい風景です。



IMGP3024.jpg



IMGP3026.jpg



      駒ケ岳もすこし見えています
IMGP3027.jpg



山頂で、雪国の景色を楽しみながら食事にして、帰りは守門や上下権現堂などの山を眺め、来た時とは違う大崎方面に降りて帰ろうと思います。



          2年ほど前に六万騎山から登った、長森・堂平・猿倉山の上に聳える八海山と左に駒ケ岳
IMGP3028.jpg



          守門岳
IMGP3031.jpg



         下上権現堂山
IMGP3032.jpg



          下山の途中の木が暖かだったせいか湯気を出していました
IMGP3042.jpg



          下山の尾根
IMGP3035.jpg



今年始めての新潟の山でしたが、雪国の風景を充分に堪能しました。真っ白い山波の風景は心身ともに清らかにしてくれました。



IMGP3045.jpg





スポンサーサイト

満開の蝋梅を眺めてから御荷鉾山へ

2019/1/5日

我が家の小さな庭の蝋梅も丁度満開になりました。その頃になると、藤岡市鬼石町の桜山も蝋梅が満開になります。ここの処、寒い登山ばかりしていましたので、今日は暖かな陽だまり登山をと思い、桜山に行き蝋梅を眺め、そのほのかな香りを楽しんで来ました。




          今日の桜山のロウバ
IMGP2911.jpg




IMGP2886.jpg




IMGP2906.jpg




麗らかな暖かい冬の日
まさに冬麗
周り中黄色に染まっている
良い香りも漂い
のんびりと
ここで寝てしまいたい





IMGP2898.jpg




一人の登山者が
黄色い花のしたで
昨年の出来ごとでも
あるいわ今年の先のことなど
思っているのだろうか




IMGP2894.jpg




IMGP2905.jpg




遠くから来たらしい夫婦が
犬を連れて
楽しそうに歩いてた
犬もたのしそうに飛び跳ねている




IMGP2902.jpg




IMGP2916.jpg




IMGP2899.jpg




遠くから来たらしい夫婦が
犬を連れて
楽しそうに歩いてた
犬もたのしそうに飛び跳ねている




IMGP2895.jpg



IMGP2930.jpg




IMGP2931.jpg




陽だまりで少し早い食事にして、一応「山ノボラー」ですから、このまま帰っては申し訳ないので、近くの西御荷鉾山に登って来ようと思います。



           登り始め
IMGP2932.jpg




IMGP2936.jpg




       旧ゴルフ場の上に父不見山と奥に武甲から雲取への山なみ
IMGP2937.jpg



30分程で山頂直下に着きました




IMGP2938.jpg




夏には、ちらほらとニッコウキスゲが咲く山頂に着きました。




IMGP2940.jpg




           山頂より高崎・前橋方面
IMGP2942.jpg




          山頂より前橋方面
IMGP2943.jpg

 

          妙義の上に 浅間山方面
IMGP2944.jpg




下山して近くにある 尾崎喜八の「神流川紀行」の碑を読み帰宅しました。

 「父不見 御荷鉾も見えず 神流川 星ばかりなる万場の泊まり」・・・・  尾崎喜八







今年の初登りは烏帽子岳で 2019/1/2日。

箱根駅伝がある時は、我が家の奥方はテレビに夢中なので、邪魔にならなように毎年山に行きます。正月休みの帰省者の車で道路は渋滞しそうなので、近くの湯ノ丸・烏帽子で霧氷三昧にすることにしました。

          今日の霧氷と烏帽子方面
IMGP2789.jpg



早朝の5時頃に湯ノ丸スキー場に着き、空を眺めたら、三日月の下に1番星の金星が月の首飾りのように眺められ、早速写真を撮ってみました。


IMG_0749.jpg



朝日を浴びた湯ノ丸・烏帽子辺りを撮りたいと思っていましたが、かなり寒いので寒さ対策に万全を期し、おまけに星空なんて撮っていたらすっかり出かけるのが遅くになってしまいました。



IMGP2745.jpg



IMGP2754.jpg



IMGP2757.jpg



いつもの年なら、キャンプ場付近でも霧氷になっているのですが、ここ数日寒い日が続いた割には霧氷になっていず、今日は見られないかと思っていたら、やっぱり霧氷の道になって来ました。



IMGP2759.jpg



IMGP2763.jpg



IMGP2765.jpg



2・3日前の踏み跡はありますが、早朝に歩き始めたせいか、今日の踏み跡は有りません、昨日来降った雪が 10cmほど積もっていて,、スノシューを履いて歩き始めました。



IMGP2767.jpg



IMGP2771.jpg




IMGP2784.jpg



霧氷を眺める道では、この辺りから小梨平ら付近が、一番好きな所です。奥に真っ白い小烏帽子から烏帽子のへの稜線が眺められ良い景色になっています。



IMGP2786.jpg




IMGP2788.jpg



IMGP2791.jpg



IMGP2793.jpg



青空は見えていますが、強い風が吹いて居るようで、雲が勢いよく流れて、青空が出たり雲が流れたり、天候はめまぐるしく変わります。




IMGP2794.jpg




IMGP2797.jpg




IMGP2799.jpg



すっかり霧氷三昧になって来ましたが、今日はこれを見たくて来た訳ですから、時間もたっぷりとあるので、気のすむまで眺めていました。




IMGP2800.jpg




IMGP2804.jpg




IMGP2805.jpg




IMGP2809.jpg




目指す烏帽子岳が青空の下に聳えています。ここから眺めて見れば、雪の烏帽子の眺めはなかなか良い眺めです。




IMGP2811.jpg




IMGP2813.jpg




IMGP2814.jpg




レンゲツツジの頃や白いズミの花が咲くころは、大勢の登山者で憩う、小梨平らに着きました。ここからは急登になり山頂付近は、風も強く吹いて居るようなので、ここでチーズ入りのパンや熱いオニオンスープなどを飲み、朝の食事と昼の食事を一緒にして、これからの寒い登りの準備をしました。




          小梨平
IMGP2821.jpg




IMGP2824.jpg





IMGP2826.jpg




IMGP2827.jpg





この辺りで地元の東御市から来た言う男性が追い越して行きました。やはりこの時期は毎年来ているようで、帰りは違う尾根を降りて帰るそうです。念のためその尾根の道も教えて戴きました。




IMGP2829.jpg




IMGP2831.jpg



IMGP2832.jpg




           振り返って湯ノ丸方面
IMGP2834.jpg




          北風が吹き荒れる小烏帽子への稜線
IMGP2843.jpg




          小烏帽子山頂 奥に烏帽子岳
IMGP2846.jpg





すっかり曇ってしまい展望は無く。冷たい風が北国から吹いて来て頬を刺します。その為 顔をスッポリと隠し目だけ出して歩きます。



IMGP2849.jpg



IMGP2850.jpg





IMGP2853.jpg





烏帽子山頂に着きました。こんな天気ですから、北アルプスも富士も残念ながら見えません。かなり寒いので早々に下山します。




IMGP2856.jpg





IMG_0761.jpg


















プロフィール

インレッド

Author:インレッド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR