IMGP2833.jpg

白馬三山 展望の小日向山 

(2018/4/30 小日向山)

今年のゴールデンウイーク は、前半は良い天気が続くようです。毎年この時期には、普段はなかなか行くことの出来ない山に行き、まだ名残の雪を楽しむことにしています。


 
       小日向のコル付近より白馬三山
IMGP9621.jpg



今年の冬に、この山の前にある白馬岩岳のトレッキングコース歩き、そこから白馬三山を眺めた時、その前に大きく丸く聳える山がありました。その山が小日向山で、猿倉への道が通れるようになったら登って見ようと思っていました。



         猿倉荘の裏から登り始め
IMGP9532.jpg



暫く登って鑓温泉への夏道から登ります。ブナの林の美しい登りですが結構急です。



IMGP9542.jpg



IMGP9545.jpg



IMGP9549.jpg



この時期にこの辺りの山には、山スキーヤーくらいの人しか登らないだろうと思って、猿倉荘の手前の駐車場に着いて見たら、既に第一駐車場は満杯で、仕方がなく下の第2駐車場に置きました。やはり山スキーの方が多いようで、大勢の人が登る準備をしていました。



IMGP9555.jpg



天気の良い連休ですから、猿倉平付近からは、テント泊の方が結構あちこちにテントを張っていました。きっと朝夕の紅く染まる眺めは良いことでしょう!!



          猿倉平付近(上に白馬・小蓮華方面)
IMGP9559.jpg



          これから登る小日向山方面(山頂はさらに奥にあります)
IMGP9554.jpg




猿倉平は名前の通り緩やかな登りです。この辺りから夏道とは違い、若干左に寄った谷を登りますが。結構急斜面です。



          これから登る谷
IMGP9562.jpg



        
           今日登る小日向山はこの少し奥にあります
IMGP9564.jpg



今日は12本爪アイゼンを履き、ワカン・ピッケルは背負って登って居ます。これからかなりの急登になりますが、雪は既に腐った雪でピッケルはあまり効きそうにありません。万一滑ってもそれ程怪我は無いと思い、アイゼンだけで壺足で登ります。



IMGP9567.jpg




IMGP9587.jpg




IMGP9575.jpg





上に小日向のコルが見えてきました。そこからは鑓への道と別れて左の尾根に取り付きます。




IMGP9580.jpg



IMGP9588.jpg



          これから登る小日向山への尾根
IMGP9594.jpg



          コル付近より妙高・高妻方面
IMGP9599.jpg




          コル付近に出ると隣の不帰のキレットから唐松方面が見えてきました
IMGP9608.jpg



          鑓・杓子・白馬 三山も大きく見えてきました
IMGP9609.jpg



           小日向山1908m 山頂に着きました
IMGP9619.jpg



雲一つない山頂からは360度の大展望ですが、遠くの山は春の朧に霞んでいます。風はそよと吹いていますが、汗ばんだ体には丁度良いくらいで、すぐ前に大きく聳える三山に冷たく冷やしたノンアルビールで乾杯。これが実にうまかった。




IMGP9632.jpg




          白馬
IMGP9638.jpg




          杓子
IMGP9639.jpg




          鑓ヶ岳
IMGP9640.jpg




          八方・唐松
IMGP9644.jpg





          火打・妙高・高妻方面
IMGP9635.jpg




今日は雲一つない絶好の登山日和でした。こんな山に登れる幸せを充分に感じながら、今度は花咲くころに鑓温泉にでも入り一杯やりたいなー と思いながら下山。




IMGP9649.jpg




IMGP9656.jpg




雪と日焼けで顔がチリチリと痛み、今日の想い出を顔に刻んで下山しました。



IMGP9662.jpg




IMGP9676.jpg





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

インレット様 こんにちは。
白銀の世界へようこそですね。
お天気良くて素晴らしい景色です。
あ~~清々しい気持ちで嬉しいです。
ありがとうございます。

No title

近くに来ていたようですね。この日は本当に今年
一番の良い天気でした、私は例の所で一日中
写真を撮っていました。

No title

良い山をご存知ですね。
そしてこういう山をソロで歩けるインレットさんは本当に凄いです。
雪の北アルプスを眺めながらの一時は至福の時ですね。
いつも素敵な写真で楽しませていただき、ありがとうございます。

No title

たかちゃん さん、今晩は。
いつもコメント有難うございます。
春日大社もなかなか良かったようですね。
この日は天気が良くて、楽しい登山が出来ましたが
結構疲れました。

白馬ですか~

この季節に白馬ですか~小日向山
こんな山を選択できるのは、さすが インレットさんです。
大きく聳える三山に冷たく冷やしたノンアルビールで乾杯…の写真がいいですね
その雰囲気がよく伝わってきました。

No title

noriさん、今晩は。
この日はそちらにもと思いましたが。もう私の歳では
南尾根は無理かと思ってこちらにしました。
天気が良かったので良い写真が撮れたのでは・・・。

No title

chiakiさん、今晩は。
もう歳ですから、たいそうな山には登れませんが、
このくらいの山ならばなんとか・・・。
それでも結構疲れましたよ。
天気が良すぎて顔が雪焼け陽焼けでかなり黒くなりました。

No title

本読み さん、今晩は。
暑くなって来ましたから、ビ-ルは美味しくなりました
本物のビールならば最高なのですが、ポテトチップを
食べて塩分を摂れば熱中症の予防にもなりますからね
この日は本当に良い天気で残雪歩きが楽しかったです。

これからはノンアルビールですね

こんばんは。
贅沢な山独り占めですね、実に羨ましいです。しかも見える山が白馬三山や唐松ならば文句無し、天気も上々で普段の行いがいいんですねー。さぞかし旨そうなノンアルビールの味がするようです。
鑓温泉からの下りに確か小日向山があったような記憶です、かなり遠いのではないですか?日帰りで行けるのでしょうか。

No title

ほんとに雪山がお好きなんですね。
よくわかりますが、行けることがほんとに素晴らしいですね。
日焼けのヒリヒリもけっこう嬉しかったりして・・・(^^)

No title

又々、晴天の下、素晴らしい眺望の山頂独り占め、
静かな最高の時間をお過ごしですね。

ルートも分かりにくく簡単には登れそうもない、
インレットさんならでは残雪期の山ですね。

八方尾根からスキーの時に眺めた真っ白な山々から
今は、雄々しい岩と雪の姿に変わって見応えがあります。
素敵な景色、ありがとうございました。

No title

夢創歩さん、今晩は。
ここは大抵の人は鑓温泉から降って通りますが。降りの場合は
コルから右に登らないと山頂は通らずに通過してしまいます。
猿倉からならば日帰りで楽勝です。

No title

nousagi さん、今晩は。
ここまでならそれ程大変ではありません。
一部雪の急斜面がありますので、そこだけ注意
すれば大丈夫です。顔の日焼けはまだ少し
ヒリヒリしています。
そろそろ雪山も終わりで、次からは
nousagiさんの お好きな所になると思いますが
ツッコミは勘弁して下さい。

No title

orihimeさん、今晩は。
ルートは最初は夏道と同じcですが、猿倉平付近から
夏道よりも左側に取ります、と言っても登りやすい
所を選べば自然にそうなりますから、それほど難しくは
ありません。機会がありましたら登って見て下さい。

残雪の山いいですね

インレットさん こんにちは。
お会いしてからちょうど1年がたちましたが、お元気そうでなによりです。4月29日は絶好の天気でしたね。当方も残雪の山ということで、白山山系の銚子ヶ峰に登ってみましたが、こちらもいい山でしたよ。またどこかで。

No title

六右衛門さん、こんにちは。」
銚子ヶ峰に姥ヶ岳の残雪もなかなか良い雰囲気ですね。
ブナの根開けがそちらの方が早いようです。姥ヶ岳の下の
方の花の画像で これは?? の花はヨゴレネコノメかな??。

No title

インレットさん、こんにちは。
今年は3月になってから、高温状態が続き、雪腐れも早かったですよね。
小日向のコルから杓子岳双子尾根は、残雪期に狙っているルートの一つで
雪の状態が良い時に歩いてみたいです。

No title

ほせ さん、今晩は。
小日向のコルあたりにテン泊すれば ほせ さんなら、行けると思いますが、コルからが急登になるようで、私には無理な所ですが、行って見たい所でもあります。
今回 猿倉平付近にテン泊すれば朝夕の良い景色が見られそうだな と思いながら歩いていました。
プロフィール

インレット

Author:インレット
殆ど毎週のように山に登り、時には沢登りも楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR