FC2ブログ

霧氷の鈴ヶ岳  2018/12/24日。


典型的な冬の天気で、関東平野は晴れで、近くの榛名・妙義あたりは青空の下に青く聳えていますが、ちょっと遠い谷川や浅間・八ヶ岳も雪空の中のようで眺められません。微かに赤城のすそ野が見えましたので、今回も赤城あたりにと思い出かけました。



     鍬柄山あたりより地蔵岳
IMG_0670.jpg



地蔵から荒山・鍋割と歩いて見ようと思い、地蔵の登山口で準備をしましたが、小雪が強風に舞い地吹雪模様になっていて視界もあまりありません、仕方が無く、西上州の山にでも転戦しようかと思い、帰りかけたところ、鈴ヶ岳付近には青空もあるようなので、久し振りに鈴ヶ岳に登ることにしました。



     新坂平より登り始めの頃
IMG_0557.jpg




      小雪舞う鍬柄峠付近
IMG_0568.jpg



IMG_0570.jpg



IMG_0574.jpg




まず鍬柄山に登りますが、少し青空も見えて来ました



IMG_0575.jpg



         鍬柄山
IMG_0588.jpg



相変わらず雪雲の下の登って来た尾根



IMG_0584.jpg



ここから大きく降りますが、そのあたりから綺麗な霧氷のトンネルになって来ました。



IMG_0589.jpg



IMG_0591.jpg



IMG_0593.jpg



赤城は黒桧や地蔵・荒山・鍋割と、どこに登ってもこの時期は霧氷が眺められ、冬の山を楽しむ登山者にとっては嬉しい限りです。おまけに近い山ですから尚更です。



IMG_0604.jpg



IMG_0606.jpg



          青空もちょこっと
IMG_0608.jpg



IMG_0609.jpg



それでも寒さは一流の寒さです。新坂平では-7℃でしたから、この辺りは-10℃くらいにはなっていると思います。おまけに強風が吹いていますから、体感温度はそれよりズーッと寒く感じました。顔はフードで覆い、目と鼻だけ出していましたので、なんとか楽しく歩くことが出来ました。



IMG_0610.jpg



IMG_0611.jpg



IMG_0612.jpg




今日は一人の若い男性と、同じく若い女性の二人と出会いましたが、二人とも鼻を真っ赤にして鼻水をすすりながら歩いていました。



IMG_0614.jpg




          これからかなりの岩々の急登が待っています
IMG_0621.jpg



IMG_0623.jpg



IMG_0624.jpg



この山には今迄に一度だけしか登ったことがありません、丁度シロヤシオが尾根の下に咲いて居る頃で、その時は小学1年生くらいのB子ちゃんを連れて登りました。いま考えて見るとちょっと無理な登山だったと思いましたが、急な登りや岩々の所はB子ちゃんを背負って登りました。山頂で皆に褒められてB子ちゃんは満足のようで、おまけに玩具につられて登ったので、早速好きな人形を買ってもらい満足なようでした。そのB子ちゃんも今は成人式も数年前に済んでいます。



IMG_0630.jpg



          登って来た尾根 青空も多くなってきました。
IMG_0631.jpg



          右に荒山
IMG_0632.jpg



IMG_0633.jpg



IMG_0635.jpg



IMG_0636.jpg



          山頂直下
IMG_0638.jpg



           鈴ヶ岳山頂1565m
IMG_0639.jpg



周りの木が大きくなり以前よりは展望は悪くなったようです、寒いので早々に下の鞍部に戻り食事をして下山しました。



IMG_0642.jpg



IMG_0643.jpg



         鍬柄山付近より地蔵方面
IMG_0650.jpg



          青空も多くなって来ましたが、黒桧あたりはまだ雲の中
IMG_0649.jpg



          荒山・鍋割方面
IMG_0651.jpg



          地蔵方面の空は青空になって来て良い眺めになって来ました。
IMG_0659.jpg




          それでも黒桧方面はまだ雲の中
IMG_0660.jpg




          鍬柄山付近から眺める地蔵は中々見応えがあります。
IMG_0662.jpg



          シラカバ平
IMG_0666.jpg



夕方近くになってやっと黒桧方面の空も雲が無くなり良い眺めになって来ました。



IMG_0667.jpg



今日はかなり寒かった日でしたが、最後に青空も見えて来て、久し振りの鈴ヶ岳でしたが、案外こちらも四季折々に良い登山が出来そうです。



            黒桧岳
IMG_0668.jpg









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

インレッド

Author:インレッド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR