FC2ブログ

大ドッケの福寿草の群落 2019/3/22日。

以前は秘密の花園で訪れる人も少なかった、大ドッケの福寿草の群落も、最近はすっかりメジャーになり、多くの人が訪れるようになったようです。それでも標識類は一切なく、なにも調べずに訪れた方には、最初の登山口から迷って、違う方向に行ってしまうかも知れない所です。



           今日の福寿草の群落
P3200027.jpg



今日は本当は新潟の山にでもと思っていましたが、相変わらず天気が悪そうなので、秩父の山に変更しました。登山口には2台ほど車が停まっていて、平日でも登山者は居るようです。



          この橋を渡って登り始めます
P3200001.jpg



この山には今回で4度目になりますが平日に登るのは始めてでした。後ろに大持・子持の山々が背中を押してくれます。



P3200003.jpg



時々鹿よけのフェンスがありますが、道は以前より少し荒れたようでした。



P3200004.jpg



先にガレた斜面が見えて来ましたが、あのあたりから下の沢に降ります。



P3200005.jpg



その途中に今年もハナネコノメソウがひっそりと咲いて居ました。



P3200007.jpg



P3200013.jpg



沢に降りると二股になった沢に出会います。奥の水量の多い沢を登ります。水量が多くてもガレた岩場はすぐに伏流水になり、歩くのにはそれ程支障はありません。ここで間違えて手前の沢を登る人も多いようですが、そこを登ると福寿草は見ることが出来ません。



          二股の沢 左の沢を登ります
P3200016.jpg



P3200018.jpg



ここからはイヤと言うほどガレた道を登ります。



P3200019.jpg



結構急なガレ場を登り、もうそろそろ と何度も思いながら登ります。そんな辛い道で、時折賑やかにコガラの声でしょうかピーチ・ピーチと鳴いて先導してくれます。



          歩いて来た道
P3200022.jpg




P3200024.jpg



山頂直下付近になると やっと黄色い絨毯を敷き詰めた福寿草の群落が見えて来ました。毎度のことながらこの景色に出会うと、思わず オオーッと声が出てしまいます。



P3200025.jpg



P3200028.jpg



P3200067.jpg



P3200040.jpg



ここには先行の川越から来たという二人の男性が居りましたが、すぐに帰ってしまったので、この景色を独り占めでした。もう一人男性が居たようですが、下の沢で沢に落ち、半身ずぶ濡れになり、おまけにカメラも壊れて早々に帰ったようです。



P3200029.jpg




P3200031.jpg




P3200036.jpg




P3200048.jpg



しかし良くも、こんな寂しい山頂付近に福寿草の群落があるとは、大変不思議な気がしますが、昔の日本の山にはこんな風景が結構あちこちにあったのかも知れません。幸いここは地元の林業の方が、観光に走らず山を守っていたからなのかも知れません。



P3200061.jpg



P3200047.jpg



P3200066.jpg



倒木に座り静かな食事にして、もう一度群落を巡って帰ります。



P3200060.jpg




P3200044.jpg



P3200069.jpg



帰りは大平山の下の独標を越えて尾根を降りようと思います。



          さらば福寿草
P3200046.jpg


          独標
P3200070.jpg



この辺りで先行者の二人の方に追いつきましたが、一人の方が 足を攣っていたようで、ちょっと心配でしたが先に行かせて貰いました。



P3200071.jpg



P3200074.jpg



P3200075.jpg



入り口で熊さんも出没すると看板が建っていましたので、帰りはBluetoothで丸い小さなスピーカーに音楽を流し、好きな曲をいっぱい聞きながら下山、こんな下山も楽しくて良いものでした。



P3200077.jpg








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

インレッド

Author:インレッド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR