FC2ブログ

残雪と新緑の当間山 2019/5/12日。

風に運ばれて飛んで来たのか、小鳥が運んで来たのか、いつの間にか我が家の小さな庭に、シランやヒルサキツキミソウや白いタツナミソウが咲くようになりました、この花々が咲き始めると、そろそろ初夏の季節になってきます。この冬もたくさんの雪山に登りましたが、その登り納めに根開きの始まったと思われる新潟の当間山に登って、新緑と残雪を楽しんで来ました。



          新緑とブナの根開き
P5100074.jpg



          庭に咲く花
IMGP3785.jpg



P5030001.jpg



当間山には昨年の秋にも登りました、その時の紅葉は素晴らしかったので、2度に渡ってブログを出しました、私の場合は1回の登山の時はブログは1度だけ出しています。美しい景色や紅葉に出会って、かなりの画像を載せたい時には2度に渡ってブログをアップする時も年に1度くらいはあります。それほど美しい紅葉でしたので、新緑もきっと良いだろうと思い、今回登って見ました。




         登り始めのブナの木の新緑と根開き
P5100019.jpg



P5100020.jpg



P5100029.jpg



P5100033.jpg



透き通るほどの
新緑の葉を通して
澄んだ日差しが 
ポツン ポツンと
残雪の上に落ちています



P5100036.jpg



P5100038.jpg



P5100034.jpg



暑くも無く 寒くも無く
爽快な気分になり
心身ともに
萌黄色に染まり
歩いていました



P5100042.jpg



P5100043.jpg



P5100050.jpg



時々は蝶が舞い
時々は小鳥の鳴き声が
響いてきます
それだけの
静かな道は
寂しい道



P5100046.jpg



          これから登る尾根
P5100055.jpg



           展望台への登り
P5100060.jpg



          展望台の櫓の前で
P5100099.jpg



ブナの実が
白い雪の上に落ち
1年の終えました
その上の枝には
生まれたばかりの
新しい葉が日差しに揺れて
嬉しそうに輝いています



P5100067.jpg



P5100072.jpg



P5100073.jpg



落ちた実からは
新しい生命が生まれ
やがて大きくなり
大きな影をつくり
葉や枝に雨の滴を宿し
大地を潤します

生きとし生けるものの
自然の成り行きは
みんな同じ
私はいったい
何を残すことが出来るだろうか




          山頂付近
P5100075.jpg



          当間山山頂
P5100076.jpg



          山頂より谷川から巻機へ続く稜線
P5100087.jpg



          飯士山と巻機へ続く稜線
P5100083.jpg




濡れた背中を暖かな日差しに向けて昼食
冷たく冷やしたノンアルビールを一杯
ブナ林に囲まれ枯葉に座りコーヒーも飲み
足を伸ばしてゆっくりとした時間を過ごすのが
好きな時間です。



P5100086.jpg



         下山時のブナ林
P5100080.jpg



P5100089.jpg



P5100090.jpg



この山にはちゃんと整備された登山道はありますが、こんな時期には道は全く解りません。下山時にはうっかりして、登って来た道を外れてしまい、スマホの地図で軌跡を見たら左側に外れていました、藪を漕いで元来た道に出ましたが,ここは大きなブナ林ですから、始めての方は迷いやすいと思いますので気を付けて下さい。



P5100091.jpg



P5100092.jpg



P5100093.jpg



P5100097.jpg



ブナ林の根開きの景色は、今までに月山の麓や、奥只見の丸山・信越トレイルの天水山・鍋倉山などたくさんの山で楽しみました。この時期は空気も澄んでいて、体中が清浄になったような気がして良いものです。



P5100096.jpg



P5100094.jpg



P5100098.jpg



P5100105.jpg




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

インレッド

Author:インレッド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR