FC2ブログ

天神山から高崎の花火 2018/8/4日

今年も懲りずに天神山から、高崎の花火を見ようと、夕方に三脚と飲み物を背負って登りました。夕闇迫る登山道には、街ではあまり聞かなくなった、ヒグラシゼミのカナカナと鳴く声が響き、こんな蝉の声も、昔を懐かしむようで良いものでした。

IMGP1093.jpg


毎年のように天神山から高崎の花火を眺め写真を撮っています。いつもは誰も居ず静かな山頂でしたが、昨年は珍しく私を含めて6人の方が居て写真を撮っていました。今年はどうかなー と思ったらいつものように私だけの静かな山頂で、爽やかな風に吹かれながら、開演7時40分を待ちました。

IMGP1051.jpg

IMGP1059.jpg

IMGP1101.jpg

IMGP1123.jpg

天神山は昔はノロシ場のあった所ですから眺めは良い所です、ここから花火会場までは、およそ4・5kありますのでスームレンズを300mmの望遠にして撮っていますが、なかなかピントが合わずに苦労します。

IMGP1053.jpg

IMGP1141.jpg

IMGP1189.jpg

花火が上がれば、腹に響く音が数秒ほど遅れて雷鳴のように、ここに届きます。一つ一つの音が、懐かしい友や、親兄弟の声のようで懐かしさを感じながら眺めていました。

IMGP1115.jpg

IMGP1146.jpg

IMGP1145.jpg

IMGP1163.jpg

今頃は祭りや花火大会が盛りのようで、反対側の山の奥の方からも花火の音が響いて来ます、高崎市内の祭りも山車が出て賑やかなようで、風に乗って祭囃子も微かに聞こえてきます。

IMGP1131.jpg

IMGP1144.jpg

IMGP1165.jpg

IMGP1178.jpg

花火は美しくて儚くて、そして懐かしさも感じられ、つい毎年見に来てしまいます。

IMGP1079.jpg

IMGP1084.jpg

IMGP1085.jpg

高崎の花火は1時間の間に1万5千発の花火が一気に上がります、特に最後の10分ほどは、バリバリと休む暇も無くあがり夜空を焦がします、その潔よさが私は好きなのです。

               最後の花火
IMGP1191.jpg

IMGP1182.jpg

IMGP1188.jpg

IMGP1187.jpg

IMGP1186.jpg

IMGP1192.jpg

IMGP1193.jpg

IMGP1199.jpg

高崎の花火は今年も華やかに終わりました。反対側の山奥からはまだ時々花火の音が聞こえてきて、その音を聞きながら、過去を振り返るのは止めようと思いつつ、今日もまた遠い昔を思いつつ、真っ暗な山道をヘッドランプを頼りに降りました。

IMGP1194.jpg

    なつかしさ 儚さもあり 遠花火

    山道を 降りながら聞く 遠花火
                       ・・・・・・シンタロー

IMGP1200.jpg



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

シンタロー

Author:シンタロー

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR