IMGP2833.jpg

雪割草・カタクリ三昧の一日。2018/3/31日

(2018/3/31日 雪割草)


重い雲が垂れこめて、荒れ狂う波が飛沫を飛ばしていた冬も、日本海の彼方に佐渡島の金北山が白く朧に霞む頃、この辺りの山々には一斉に雪割草(オオミスミソウ)やカタクリの花が咲き山を彩ります。

IMGP9094.jpg

 IMGP9043.jpg  IMGP9172.jpg

IMGP9184.jpg

山で咲く花では、雪割草が一番弥好きな花で、もう数十年も毎年のように、弥彦・角田・樋曾山・国上とこの辺りの山で雪割草やカタクリの花を楽しんでいます。


IMGP9089.jpg


  IMGP9044.jpg  IMGP9046.jpg

IMGP9038.jpg


その為、この界隈の山には沢山の想い出があります。特に忘れられないのが、十数年前の3月末の頃、仕事帰りの途中で、大きな本屋さんに寄り、山の本を立ち読みしていました。私の隣で50代後半くらいの女性が一生懸命に山のガイドブックを探していました。店員さんに「新潟の山」の本はありませんか と尋ねていましたが、生憎新潟の山の本はありませんでした。


IMGP9096.jpg


  IMGP9099.jpg  IMGP9143.jpg


IMGP9048.jpg


その女性は「角田山に今週末に行きたいのですが、ガイドブックか地図はありませんか」と真剣に尋ねていましたが、やはりガイドブックも地図もその本屋さんにはありませんでした。少し気の毒に思えたので、「私は今迄数回 角田山に行っていますから、なにか調べたいことがありましたら、教えてあげます」と私が言ったところ、「姉が山登りが好きで、一度角田山に行き雪割草やカタクリの花が見たいと言っているので、今週あたりに連れて行こうと思っています」とその女性は話していました。


IMGP9106.jpg


  IMGP9147.jpg  IMGP9162.jpg



IMGP9100.jpg



処がそのお姉さんは、実は癌の末期で、余命半年と言われているようです。その為何とか歩けそうな、今が最後のチャンスなので、今週末に連れて行こうと思っています、とその女性は言っていました。、「五ヶ峠から樋曾山が一番楽で、雪割草を見たいのならば、樋曾山が良いかも知れません」と教えてあげました。ついでに角田の桜尾根コースも浜辺に車を置いて、この時期は大勢の人が登っているので、迷うことなく登れます とどちらの山も地図を書いて、教えてあげました。



IMGP9120.jpg



  IMGP9186.jpg  IMGP9182.jpg


IMGP9163.jpg



その週末の土曜日に1年も前から、友達と角田に行く約束でしたので、姉妹に会うかどうか注意しながら登りましたが、会うことは無く、その年も大晦日を迎え、最後のメールやコメントをチェックしていたと処、知らないFさんと言う方から、たどたどしいメ-ルが来ていました。3月末の日曜日に姉と桜尾根を往復で登り、沢山の写真を撮り、姉さんの病床に飾り病気と戦っていたようです。12月中ごろに、ついに帰らぬ人になったようですが、闘病中はその時の写真を見ては、頑張っていたとの事でした。



IMGP9122.jpg


  IMGP9168.jpg  IMGP9187.jpg


IMGP9087.jpg


その大晦日のNHK紅白歌合戦で「千の風になって」と言う歌が歌われていました、私はその時は全く知らない唄でしたが、その歌を聞きながら、Fさんのお姉さんのことを思い、涙が止まりませんでした、今でも、この辺りの山に来て雪割草やカタクリの花を見ると、その事を想い出してしまい、Fさんのお姉さんが、この辺りで花になり、風になって飛んでいるような気がしてなりません。


IMGP9126.jpg


IMGP9165.jpg



IMGP9128.jpg



こんな穏やかな山道を、気兼ね無く、あっちで撮り、こっちで撮りながら気儘に楽しんで居れば、微かに遠くから、良寛さんが子供たちと遊ぶ、歌声が聞こえて来るようです。


IMGP9121.jpg


IMGP9173.jpg


IMGP9129.jpg


       国上山の五合庵に住んでいた良寛さんの文と歌・・・・

「冬ごもり 春さりくれば 飯乞ふと 草のいほりを 立ちい出て 里にいけば たまほこの 道のちまたに 

 子供らが 今を春べと 手まりつく ひふみよいむな 汝がつけば 吾はうたひ あがつけば なはうたひ

 つきてうたひて 霞たつ 長き春日を 暮らしつるかも」


   ・・・・・この里に手毬つきつつ子供らと

             遊ぶ春日は暮れずともよし・・・・・  良寛


IMGP9130.jpg



IMGP9131.jpg


IMGP9192.jpg


今日は地元のブログ友アサレンさんが会いに来てくれました、暫し山談義をして、この辺りで秘密の雪割草の群生地を教えて戴き、そちらにも行き、いくつかの雪割l草をここにアップしました。藪を漕いで登った処にその秘密の花園はあり、この藪が守って居れば当分は安泰の場所と思いました。


          城祉より微かに見える 佐渡の金北山
IMGP9139.jpg


          チリメン皺の波が寄せる浜辺
IMGP9141.jpg


           長い記事になってしまいましたが、最後まで読んでいただき有難うございます。

IMGP9137.jpg









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

当日はお会いでき嬉しく思いました。
年齢より若々しく、雪山をあれだけ歩いている理由も納得できました。(^^ゞ

花の山へ無事たどり着き良かったです。
私も夕方行きましたが、まだ沢山咲いていて安心しました。
もし終わっていたらどうしょう。。なんてハラハラしてました。

次は雪山だと思いますが、越後の山はまだまだ楽しめるので、またお越しくださいませ。

ここのカタクリや雪割草の記事は

毎年の春に何度も拝見させて頂いていますが、野生でこれだけ咲き誇っているなんて・・・スバラシイですね!
私が見に行けるところはみんな人が管理・保護しているところばかりです。
”F”さんのお話・・・しみじみと読ませて頂きました。

千の風になっては理想ですね

こんにちは。
高崎の本屋さんの出来事は印象的ですね、きっと越後の海辺で今年もインレッドさんは来るのかなーとFさんのお姉さんも待っているか知れませんねー。好きな所を風になって飛んでいるなんてあの世の理想ですね、おっと私は現在生きてる間も天国を探し回ってました(#^.^#)。日曜日は穏やかでいい日和でしたね。

No title

やっぱり、可愛いオオミスミソウ、カタクリやショウジョウバカマも見頃ですね。
今年は行かなかったので、インレットさんのブログで楽しませて頂きます。
そして良い話を聞かせて頂き、ありがとうございます。
私は土曜は仕事で、今日は雪山に行ってしまいました。

この時期になると・・・

毎年のように私もお花鑑賞と残雪の山歩きをセットに歩いていました。
今年は残念ながら皆さんのブログで楽しむ事になりました。

年老いた母がさすがに独居は無理となったので、4月半ばから住居を京都に移す事になりました。

少し落ち着いたら、関西の山歩きが出来たらと思っていますが・・・

新しいホームページ、素敵ですね。

No title

アサレン さん、お会いして嬉しかったです。一人ならもう少しゆっくりと話が出来たのですが・・・。
あそこには行って来ましたが、藪漕ぎが少し大変でした。まああの藪があれば暫くは安泰ですね。
そうですね、また雪山になるかも知れませんが、こちらの西上州はこれからヤシオツツジのシーズンにもなりますから、悩む時期です。

No title

宮星さん、今晩は。
ミカモ山も見頃だったようですね、東駐車場の側にも
植生されたものですが、雪割草は咲いています。
ミカモ山はそれでもきちんと整備されていて、カタクリ
の山としては最高の所と思います。

No title

夢創歩さん、今晩は。
この雪割草は山で咲く花では一番好きな花です。
その為毎年見に訪れてしまいます。こんな所で 
ゆっくり のんびり と写真を撮りながら海を
眺めて食事なんて楽で良いですね。

No title

chiakiさん、今晩は。
花に背いて、雪山ですか、山おんなですね。
そろそろ西上州の花の時期ですね、今年はどこにしようかと
迷う時期です。

No title

izumiさん、今晩は。お久しぶりです。
これからは、お母さんと一緒の京都住まいですか、私は
歴史が好きなので、住んでみたい所です。
こちらのブログは月に¥300なので安くて、その割には
画像が良いので、変えて良かったと思っています。それよりも
ランキングなど気にしないでのんびりと自由気儘にやりたい
ので、こちらで良かったと思っています。

素晴らしい花園ですね

いつものことですが、綺麗な素晴らしいお写真ですね!
お花も海も明るく、透明感が有って、構図の取り方も見事ですね。
同じ場所で撮影しながら大きな違いに愕然としますが、少しずつ勉強させて頂きます。

インレットさんにこの場所を教えて頂いてから、毎年のように訪れて楽しんでいますが、本当に心安らぐ自然の花園ですね。  
ありがとうございます。
今年もお花のタイミングは丁度良かったようですね。
土曜日というのに人影がありませんが、そこも上手に撮影されているのでしょうね。

No title

インレットさんには、よくこんな人との出会い
エピソードがありますね。
きっと、本当は(笑)優しい人なんでしょうね。(^^)
ミスミソウ、大好きな花です。
キレイですね。

No title

orihimeさん、今晩は。
朝の8時ころに登りましたが、境内には1台の車も停まって居ず、ずーっと一人旅でした。この辺りの人は、昼ごろになって暖かなころに花が開くのを良く知っているので、早く登る方は居ないようです。それでも海の見える城址から帰る頃は大勢の登山者に出会いました。その後、また秘密の花園を地元のブロガーさんに教えてもらい、そちらに行って来ました。

No title

nousagiさん、今晩は。
本当は優しい人 では無いのです。自分に厳しいので、
家族にも、他の人にも厳しい人間です。その為
皆に嫌われますが、それが今まで生きて来た
自分の道 なので仕方がないですね。

No title

インレットさん今晩は。白やピンクの可愛らしい雪割草、癒されますね!風になったFさんのお姉さんの魂が、金北山と日本海を背景に揺れている雪割草と重なります。良い事をされましたね・・・
私も土曜日は焼森山と鶏足山に登り、満開のミツマタの群生地を見て来ました。ぼんぼりの様に可愛い花でした。
また、日曜日は念願の小出俣山に登りました。連日の暖かさで藪漕ぎが大変でしたが、無風の青空に谷川連邦の景観が息を呑む程素晴らしかったです!雪が解け始めて白黒のゼブラ模様の山々も良いですね。

教えて下さい!

インレットさん
お忙しい所、すみませんが、これまでの記録を「全部外付けのハードディスクに保存してある」とありますが
教えていただけますか?

以前に調べたのですが、なかなか良い方法がみつかりませんでした。

よろしくお願いいたします。(これは夫からの伝言です。)
私はブログは書きますが全然ダメです。

No title

ゆーみん さん、今晩は。
鶏足山は私の実家から近いのですが、まだ登ったことがありません。
来年あたりに行って良い香りを楽しもうと思っています。
小出俣は3度ほど登っていますが、一度2月に登り、
手を凍傷になってしまった事があります。眺めは良いですね。
それにしても仕事に、山にと頑張っていますね。

No title

izumiパパさん、今晩は。
ハードデスクやデスクトップに入れるには、biglobeのホ-ムページから、自分の残したい記事を開きます。
そしたらALTキー→ファイル→名前を付けて保存→ファイルの種類→WebページHTMLのみにする→保存で
デスクトップか外付けハードディスクの場所を選びます。
勿論外付けのハードディスクに入れるにはUSBでハードディスクをつないで居なければなりません。

以上ですが、今までの15年以上の記事が全部500GBのハードでィスクに入っていて、まだ充分に余裕があります。

Webページ保存

izumiパパです。
ご回答ありがとうございました。ご指示を参考にIE11で操作してみましたが、やり方が十分に理解できていないようです。画像がローカル保存できませんでした。
そこで色々やってみましたところ、最終的にgoogle Chromeのツールにある「名前を付けて保存」の「完全保存」で画像もローカル保存できました。

No title

izumiパパさん、今晩は。
保存出来ましたか、良かったっです。
ウインドーズ エッジから、biglobeのホームページを出して、自分のブログ記事を画面に出してやるとダメだとおもいます。最初からbiglobeのホームページをアップして自分の記事から保存すれば前記のとおりにやれば大丈夫と思います。

No title

こんにちは。
ご無沙汰しております。
ユキワリソウを見に行きたかったのですが、たまたま孫との山行があって、行けませんでした。
昔でしたら帰宅してすぐ出かけていたのですが、この頃はそのエネルギーがありません^^;
きれいですね。お蔭で楽しめました。
新しいブログも使いやすそうでいいですね。

No title

sanaeさん、今晩は。
こちらこそご無沙汰しています。
マゴタンズと散歩も良いですね。
ここは簡単な所ですから、来年はマゴタンズと一緒にでも如何でしょうか。
こちらのプロバイダーの方が安いのですが、画像はあまり小さくしないので、
前のプロバイダーより画質が良くなります。
これからも宜しくお願い致します。
プロフィール

インレット

Author:インレット
殆ど毎週のように山に登り、時には沢登りも楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR