FC2ブログ

今年の初登りは烏帽子岳で 2019/1/2日。

箱根駅伝がある時は、我が家の奥方はテレビに夢中なので、邪魔にならなように毎年山に行きます。正月休みの帰省者の車で道路は渋滞しそうなので、近くの湯ノ丸・烏帽子で霧氷三昧にすることにしました。

          今日の霧氷と烏帽子方面
IMGP2789.jpg



早朝の5時頃に湯ノ丸スキー場に着き、空を眺めたら、三日月の下に1番星の金星が月の首飾りのように眺められ、早速写真を撮ってみました。


IMG_0749.jpg



朝日を浴びた湯ノ丸・烏帽子辺りを撮りたいと思っていましたが、かなり寒いので寒さ対策に万全を期し、おまけに星空なんて撮っていたらすっかり出かけるのが遅くになってしまいました。



IMGP2745.jpg



IMGP2754.jpg



IMGP2757.jpg



いつもの年なら、キャンプ場付近でも霧氷になっているのですが、ここ数日寒い日が続いた割には霧氷になっていず、今日は見られないかと思っていたら、やっぱり霧氷の道になって来ました。



IMGP2759.jpg



IMGP2763.jpg



IMGP2765.jpg



2・3日前の踏み跡はありますが、早朝に歩き始めたせいか、今日の踏み跡は有りません、昨日来降った雪が 10cmほど積もっていて,、スノシューを履いて歩き始めました。



IMGP2767.jpg



IMGP2771.jpg




IMGP2784.jpg



霧氷を眺める道では、この辺りから小梨平ら付近が、一番好きな所です。奥に真っ白い小烏帽子から烏帽子のへの稜線が眺められ良い景色になっています。



IMGP2786.jpg




IMGP2788.jpg



IMGP2791.jpg



IMGP2793.jpg



青空は見えていますが、強い風が吹いて居るようで、雲が勢いよく流れて、青空が出たり雲が流れたり、天候はめまぐるしく変わります。




IMGP2794.jpg




IMGP2797.jpg




IMGP2799.jpg



すっかり霧氷三昧になって来ましたが、今日はこれを見たくて来た訳ですから、時間もたっぷりとあるので、気のすむまで眺めていました。




IMGP2800.jpg




IMGP2804.jpg




IMGP2805.jpg




IMGP2809.jpg




目指す烏帽子岳が青空の下に聳えています。ここから眺めて見れば、雪の烏帽子の眺めはなかなか良い眺めです。




IMGP2811.jpg




IMGP2813.jpg




IMGP2814.jpg




レンゲツツジの頃や白いズミの花が咲くころは、大勢の登山者で憩う、小梨平らに着きました。ここからは急登になり山頂付近は、風も強く吹いて居るようなので、ここでチーズ入りのパンや熱いオニオンスープなどを飲み、朝の食事と昼の食事を一緒にして、これからの寒い登りの準備をしました。




          小梨平
IMGP2821.jpg




IMGP2824.jpg





IMGP2826.jpg




IMGP2827.jpg





この辺りで地元の東御市から来た言う男性が追い越して行きました。やはりこの時期は毎年来ているようで、帰りは違う尾根を降りて帰るそうです。念のためその尾根の道も教えて戴きました。




IMGP2829.jpg




IMGP2831.jpg



IMGP2832.jpg




           振り返って湯ノ丸方面
IMGP2834.jpg




          北風が吹き荒れる小烏帽子への稜線
IMGP2843.jpg




          小烏帽子山頂 奥に烏帽子岳
IMGP2846.jpg





すっかり曇ってしまい展望は無く。冷たい風が北国から吹いて来て頬を刺します。その為 顔をスッポリと隠し目だけ出して歩きます。



IMGP2849.jpg



IMGP2850.jpg





IMGP2853.jpg





烏帽子山頂に着きました。こんな天気ですから、北アルプスも富士も残念ながら見えません。かなり寒いので早々に下山します。




IMGP2856.jpg





IMG_0761.jpg


















明けましておめでとうございます。 2019/1/1日。

昨年もたくさんの山に登り、想い出に残る山が私の「想い出の宝石箱」入りました。大力山での雪の回廊、十二峠から当間山へのきらめく霧氷の山、まだたくさん残る雪の上に咲く満開の桜、たくさんの雪が積もった大毛無山からの妙高の山々の景色、白馬三山のすぐ下の小日向山からの雪の風景、そして つげ義春の漫画に登場した、二股温泉の秘湯中の秘湯のオンボロ温泉の湯小屋、と幾つもの想い出に残る山旅がありました。



           パステルで描いた高座山からの富士
hujiu111.jpg



今年も昨年の想い出の画像より 自分用のカレンダーを作りました。




          1月 本州で一番積雪量の多い山と言われている大毛無山にて
2ookenasi.jpg



あなたは今日も青い空の下
登っているのだろうか
道しるべを頼りに
遠い日の想い出に浸りながら




          2月 大力山での光芒の魚沼平野
1dairiki.jpg



あなたは今日も風の中
登っているのだろうか
もうすっかり遠くなった
昭和の歌など歌いながら



          3月 長岡の山での雪割草
3lokuman.jpg




あなたは今日も
膝を着き 腹ばいになって
花を撮っているのだろうか
美しい花に出会えて
大きな獲物を獲った猟師のように
嬉しさに心満たして



          4月 鳥屋山の麓での雪と桜
4toyamine.jpg



あなたは今日も赤く燃える紅葉の下を
登っているのだろうか
木々たちのざわめきを聞き
いろいろあった1年を思いながら




          5月 女峰山の麓で道無き道で出会ったツツジ
5



あなたは今日も真っ白い雪の尾根を
登っているのだろうか
神々の住むような山々を
孤独にたえながら黙々と



          6月 鬼ヶ面山の」ヒメサユリ
6



あなたは疲れ果てて
来た道を戻ろうかと
何度も思いながら
今日も登っているのだろうか
この先の見たことの無い景色を
頭に描きながら




          7月 霧ヶ峰のニッコウキスゲ
7takabotti.jpg



あなたは もう
後ろは振り向かないと
心に決めて
果てしない空に向かって
一歩一歩また一歩と
登っているのだろうか




          8月 尚仁沢の湧水群にて
8syoujin.jpg



木々も空も雲も私も
ここからあなたを見守っているよ
あなたがきっと乗り越えることを
知っているから




          9月 湯沢アルプスの里に咲いて居たキレンゲショウマ
9arupu.jpg



山の道も 人の道も
表もあれば裏もある
寂しい裏の孤独な道にも
花はたくさん咲いている




          10月 大勢の人が登る裏から登った浅間隠山の紅葉
10asama1.jpg



茜に染まる雪の尾根
一人で降りるは涙道
町の灯りが人恋し
何故か身にしむ心唄




          11月 紅葉と冬桜が一緒になっている桜山にて
11sakurayama.jpg





ぬくもり探して迷う道
絆を求めて分かれ道
あて無き旅のその先に
幸せ色の嶺探し
昔の歌など歌いつつ

今年も元気に乗り越えよう




          12月 霧氷の赤城地蔵岳
jizou.jpg



今年も皆様が元気で山に登れますよう
心からお祈り申し上げます。

     本年も宜しくお願い致します


IMGP8847.jpg



霧氷の鈴ヶ岳  2018/12/24日。


典型的な冬の天気で、関東平野は晴れで、近くの榛名・妙義あたりは青空の下に青く聳えていますが、ちょっと遠い谷川や浅間・八ヶ岳も雪空の中のようで眺められません。微かに赤城のすそ野が見えましたので、今回も赤城あたりにと思い出かけました。



     鍬柄山あたりより地蔵岳
IMG_0670.jpg



地蔵から荒山・鍋割と歩いて見ようと思い、地蔵の登山口で準備をしましたが、小雪が強風に舞い地吹雪模様になっていて視界もあまりありません、仕方が無く、西上州の山にでも転戦しようかと思い、帰りかけたところ、鈴ヶ岳付近には青空もあるようなので、久し振りに鈴ヶ岳に登ることにしました。



     新坂平より登り始めの頃
IMG_0557.jpg




      小雪舞う鍬柄峠付近
IMG_0568.jpg



IMG_0570.jpg



IMG_0574.jpg




まず鍬柄山に登りますが、少し青空も見えて来ました



IMG_0575.jpg



         鍬柄山
IMG_0588.jpg



相変わらず雪雲の下の登って来た尾根



IMG_0584.jpg



ここから大きく降りますが、そのあたりから綺麗な霧氷のトンネルになって来ました。



IMG_0589.jpg



IMG_0591.jpg



IMG_0593.jpg



赤城は黒桧や地蔵・荒山・鍋割と、どこに登ってもこの時期は霧氷が眺められ、冬の山を楽しむ登山者にとっては嬉しい限りです。おまけに近い山ですから尚更です。



IMG_0604.jpg



IMG_0606.jpg



          青空もちょこっと
IMG_0608.jpg



IMG_0609.jpg



それでも寒さは一流の寒さです。新坂平では-7℃でしたから、この辺りは-10℃くらいにはなっていると思います。おまけに強風が吹いていますから、体感温度はそれよりズーッと寒く感じました。顔はフードで覆い、目と鼻だけ出していましたので、なんとか楽しく歩くことが出来ました。



IMG_0610.jpg



IMG_0611.jpg



IMG_0612.jpg




今日は一人の若い男性と、同じく若い女性の二人と出会いましたが、二人とも鼻を真っ赤にして鼻水をすすりながら歩いていました。



IMG_0614.jpg




          これからかなりの岩々の急登が待っています
IMG_0621.jpg



IMG_0623.jpg



IMG_0624.jpg



この山には今迄に一度だけしか登ったことがありません、丁度シロヤシオが尾根の下に咲いて居る頃で、その時は小学1年生くらいのB子ちゃんを連れて登りました。いま考えて見るとちょっと無理な登山だったと思いましたが、急な登りや岩々の所はB子ちゃんを背負って登りました。山頂で皆に褒められてB子ちゃんは満足のようで、おまけに玩具につられて登ったので、早速好きな人形を買ってもらい満足なようでした。そのB子ちゃんも今は成人式も数年前に済んでいます。



IMG_0630.jpg



          登って来た尾根 青空も多くなってきました。
IMG_0631.jpg



          右に荒山
IMG_0632.jpg



IMG_0633.jpg



IMG_0635.jpg



IMG_0636.jpg



          山頂直下
IMG_0638.jpg



           鈴ヶ岳山頂1565m
IMG_0639.jpg



周りの木が大きくなり以前よりは展望は悪くなったようです、寒いので早々に下の鞍部に戻り食事をして下山しました。



IMG_0642.jpg



IMG_0643.jpg



         鍬柄山付近より地蔵方面
IMG_0650.jpg



          青空も多くなって来ましたが、黒桧あたりはまだ雲の中
IMG_0649.jpg



          荒山・鍋割方面
IMG_0651.jpg



          地蔵方面の空は青空になって来て良い眺めになって来ました。
IMG_0659.jpg




          それでも黒桧方面はまだ雲の中
IMG_0660.jpg




          鍬柄山付近から眺める地蔵は中々見応えがあります。
IMG_0662.jpg



          シラカバ平
IMG_0666.jpg



夕方近くになってやっと黒桧方面の空も雲が無くなり良い眺めになって来ました。



IMG_0667.jpg



今日はかなり寒かった日でしたが、最後に青空も見えて来て、久し振りの鈴ヶ岳でしたが、案外こちらも四季折々に良い登山が出来そうです。



            黒桧岳
IMG_0668.jpg









榛名湖のイルミネーション 2018/12/21日

私のブログでは恒例の榛名湖のイルミネーションを今年も見て来ました。


          今年のイルミ
IMG_0504.jpg


数日前に降ったと見られる雪が、道路の脇に残っていましたので、雪とイルミならば良い景色になるかなー と思いながら駐車場に着きました。



IMG_0458.jpg



いつもの年に比べれば案外暖かな日で、イルミ場付近の雪は既に溶けてしまいました。



IMG_0471.jpg



IMG_0473.jpg



湖畔に映るイルミも良いものです



IMG_0482.jpg



IMG_0479.jpg



IMG_0486.jpg



IMG_0488.jpg



若い夫婦が子供を連れて、楽しそうに戯れています。そんな時期も私にもあったっけ と思いながら、今日も一人で眺めています。



IMG_0490.jpg



IMG_0508.jpg



IMG_0509.jpg



今日はコンデジで手持ちで撮っています。ブレ無いように気をつけて撮っていますが・・・



IMG_0514.jpg



IMG_0511.jpg



IMG_0510.jpg



IMG_0497.jpg



今日はこのイルミの上に星空があれば一緒に撮って見たいと思っていましたが、生憎月の上にも薄い雲がかかり、星は見えません。



IMG_0496.jpg



IMG_0505.jpg



IMG_0512.jpg



IMG_0516.jpg




木枯らしとだえて
さゆる空より
地上に降りしく
奇(くす)しき光よ
ものみないこえる
しじまの中に
きらめき揺れつつ
星座はめぐる



      帰り道の峠から僅かに二つの星が見えましたが、前橋市街地が明るすぎて・・・(午後9時頃)
IMG_0521.jpg




ほのぼの明かりて
流るる銀河
オリオン舞い立ち
スバルはさざめく
無窮(むきゅう)をゆびさす
北斗の針と
きらめき揺れつつ
星座はめぐる ・・・・・・冬の星座




IMG_0498.jpg

今日は一日霧氷三昧  2018/12/15日。

この時期は長野や新潟方面が雪の日になれば、関東地方は晴れになります。今日もそのような天気で家を出る頃は。青空がスッポリと平野の空に広がっていましたが、周りの山々は皆雲が掛かっていました。近くの赤城も鍋割山は微かに見えるくらいでした。どこに行っても雲の中ならば、近くの赤城にしようと思い、真っ白い道路を滑らないように慎重に運転して。黒桧の登山口まで来ました



             今日の霧氷
IMG_0394.jpg




黒桧の登山口には車が4台ほど停まっていましたが、展望は全く期待できないようなので、霧氷を眺める登山ならば、私の好きな静かな五輪尾根にすることにしました。



            登り始め
IMG_0369.jpg



IMG_0371.jpg




白樺牧場付近の電光掲示板の温度計は-7℃で、最初から小雪がチラチラ舞う登りになりました。その為一眼カメラは車に置いて来て、コンデジを胸のポケットに入れて持って来ました。



IMG_0373.jpg



IMG_0376.jpg



IMG_0378.jpg



北側が開けた尾根になると冷たい風が地吹雪になって襲い、かなり寒い登りでしたが、昨日買ったばかりのウエアーで顔まですっぽりと被り、なかなか良い具合でした。



IMG_0382.jpg



IMG_0384.jpg



IMG_0388.jpg



          陣笠山に着きました
IMG_0390.jpg



 次に薬師岳へと向かいますが、雪が少し多くなって来ました。



IMG_0433.jpg



IMG_0393.jpg



IMG_0395.jpg



こんな日ですから
行き交う人は誰も居ません
表の山が黒桧や地蔵・鍋割ならば
こちらはいわば裏街道
人も居なければ花も無い
それだけに
なぜか心に沁みる道
嫌でも想い出が蘇る道



IMG_0397.jpg



IMG_0400.jpg



IMG_0402.jpg




五輪峠に出張峠
野坂峠を越えて行き
峠七坂七曲がり
エンヤコラ ドッコイショ
まだまだ苦労が待っている
辛さこらえて峠に着けば
やっぱり 来て良かったと



IMG_0404.jpg



IMG_0405.jpg



IMG_0407.jpg



皆が行く一つ隣にある山は
寂しさばかりいっぱいあって
物思いに静かに耽る心道



IMG_0408.jpg



IMG_0412.jpg



IMG_0417.jpg




薬師岳に着きました。次に野坂峠を越えて出張峠へ向かいます。



IMG_0414.jpg



IMG_0416.jpg



IMG_0418.jpg



白い霧氷を見ていると
家にあるガラス細工の
クリスマスツリーを想い出す
炬燵を囲み
クリスマスケーキを食べたころ
B子ちゃんも
我が家の子供も可愛かった



IMG_0421.jpg



IMG_0425.jpg



IMG_0422.jpg




野坂峠に着きました。これから出張峠へ向かいます。


IMG_0423.jpg



IMG_0427.jpg



          奥に微かに大沼
IMG_0429.jpg



IMG_0432.jpg



寒さだけは一流で
他には何もないけれど
キラリと光るものがある
それがここの魅力です



IMG_0436.jpg



IMG_0439.jpg



IMG_0442.jpg



大沼が近くに見えてlきました。
まだ途中ですが、
寒いので適当に藪を踏み
大沼湖畔に降り
帰ることにしました



IMG_0437.jpg






プロフィール

インレッド

Author:インレッド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR