FC2ブログ

今日は一日霧氷三昧  2018/12/15日。

この時期は長野や新潟方面が雪の日になれば、関東地方は晴れになります。今日もそのような天気で家を出る頃は。青空がスッポリと平野の空に広がっていましたが、周りの山々は皆雲が掛かっていました。近くの赤城も鍋割山は微かに見えるくらいでした。どこに行っても雲の中ならば、近くの赤城にしようと思い、真っ白い道路を滑らないように慎重に運転して。黒桧の登山口まで来ました



             今日の霧氷
IMG_0394.jpg




黒桧の登山口には車が4台ほど停まっていましたが、展望は全く期待できないようなので、霧氷を眺める登山ならば、私の好きな静かな五輪尾根にすることにしました。



            登り始め
IMG_0369.jpg



IMG_0371.jpg




白樺牧場付近の電光掲示板の温度計は-7℃で、最初から小雪がチラチラ舞う登りになりました。その為一眼カメラは車に置いて来て、コンデジを胸のポケットに入れて持って来ました。



IMG_0373.jpg



IMG_0376.jpg



IMG_0378.jpg



北側が開けた尾根になると冷たい風が地吹雪になって襲い、かなり寒い登りでしたが、昨日買ったばかりのウエアーで顔まですっぽりと被り、なかなか良い具合でした。



IMG_0382.jpg



IMG_0384.jpg



IMG_0388.jpg



          陣笠山に着きました
IMG_0390.jpg



 次に薬師岳へと向かいますが、雪が少し多くなって来ました。



IMG_0433.jpg



IMG_0393.jpg



IMG_0395.jpg



こんな日ですから
行き交う人は誰も居ません
表の山が黒桧や地蔵・鍋割ならば
こちらはいわば裏街道
人も居なければ花も無い
それだけに
なぜか心に沁みる道
嫌でも想い出が蘇る道



IMG_0397.jpg



IMG_0400.jpg



IMG_0402.jpg




五輪峠に出張峠
野坂峠を越えて行き
峠七坂七曲がり
エンヤコラ ドッコイショ
まだまだ苦労が待っている
辛さこらえて峠に着けば
やっぱり 来て良かったと



IMG_0404.jpg



IMG_0405.jpg



IMG_0407.jpg



皆が行く一つ隣にある山は
寂しさばかりいっぱいあって
物思いに静かに耽る心道



IMG_0408.jpg



IMG_0412.jpg



IMG_0417.jpg




薬師岳に着きました。次に野坂峠を越えて出張峠へ向かいます。



IMG_0414.jpg



IMG_0416.jpg



IMG_0418.jpg



白い霧氷を見ていると
家にあるガラス細工の
クリスマスツリーを想い出す
炬燵を囲み
クリスマスケーキを食べたころ
B子ちゃんも
我が家の子供も可愛かった



IMG_0421.jpg



IMG_0425.jpg



IMG_0422.jpg




野坂峠に着きました。これから出張峠へ向かいます。


IMG_0423.jpg



IMG_0427.jpg



          奥に微かに大沼
IMG_0429.jpg



IMG_0432.jpg



寒さだけは一流で
他には何もないけれど
キラリと光るものがある
それがここの魅力です



IMG_0436.jpg



IMG_0439.jpg



IMG_0442.jpg



大沼が近くに見えてlきました。
まだ途中ですが、
寒いので適当に藪を踏み
大沼湖畔に降り
帰ることにしました



IMG_0437.jpg






寒かった八ヶ岳の三ツ頭  2018/12/8日。

中部・北陸方面は雪模様の土曜日。関東地方は晴れのようなので。この時期定番の八ヶ岳の三ツ頭に行って来ました。



           天の河原付近より北岳
IMG_0294.jpg




小海町付近を朝通ると国道の電光掲示板には-5℃と書いてありましたから、今日は寒い登山になりそうです。



           天女山から天の河原に登ります。
IMG_0277.jpg



          これから登る三ツ頭方面
IMG_0288.jpg



          途中より北岳→甲斐駒方面
IMG_0280.jpg



厚手の手袋にホカロンを入れて、フェイス マスクをスッポリと被り歩き始めました。この尾根からは左に南アルプスが後方には富士がいつも見えています。その為南アルプスや富士の画像が多くなりますがご容赦下さい。



IMG_0293.jpg



IMG_0296.jpg



IMG_0297.jpg



この時期としては珍しく雪の無い道を歩き標高2000m付近に着きました。ここからが急登になりきつい登りになります。



          2000m付近
IMG_0299.jpg



IMG_0300.jpg



IMG_0302.jpg




          金峰山方面
IMG_0304.jpg



前三ツ頭に着きました。今年はまだ雪が全くありません、風が時折、潮騒のように通り過ぎて行き、その為か木々には霧氷も付いてていません。



            前三ツ頭
IMG_0305.jpg



          これから更に登る三ツ頭方面
IMG_0311.jpg




         前三ツ頭より富士
IMG_0307.jpg



睡眠不足のためか今日はかなり疲れましたが、さらに三ツ頭山に向かいます。



IMG_0315.jpg



          編笠・西岳方面
IMG_0316.jpg



          三ツ頭直下
IMG_0317.jpg



標高差およそ1300mほど登りました。ゆっくりでしたが6時間もかかってやっと山頂に着きました。最近は体力も弱くなり、そろそろこんな登山は限界かなー なんて思いながら、八ヶ岳では一番大好きな風景を眺めました。



          三ツ頭山頂より権現・阿弥陀・赤岳
IMG_0321.jpg



IMG_0331.jpg



          権現岳
IMG_0332.jpg



          阿弥陀・赤岳
IMG_0333.jpg



この時期に何度かここに来て、この景色を楽しみましたが、雪が無く主峰の赤岳にも雪は付いて居ず、少し残念な風景です。雪があれば、まるでヨーロッパ アルプスのような素晴らしい景色になるのですが・・・。



            雪のあるころは
mitu114.jpg



          富士と下に茅ヶ岳
IMG_0327.jpg




ペットボトルのほうじ茶も凍る寒さですから、、早々に帰ります。



          前三ツ頭方面
IMG_0338.jpg



IMG_0342.jpg



IMG_0341.jpg



IMG_0344.jpg



陽もすっかり落ちて、、木々を揺さぶる台風のような風音を聞き、ヘッドライトを点けてやっと登山口に着きまし
た。



IMG_0345.jpg





雪山始めは三坂峠より   

2018/12/2日

前回まではたくさんの紅葉を眺める登山でした。そろそろ周りの山々にも雪の便りが聞こえて来て。この冬初めての雪山歩きをして来ました。


          途中の尾根より谷川の万太郎方面
IMG_0203.jpg



歩き始めは、国道付近で気温は-4℃でしたから、登山口ではもっと寒いと感じました。



     歩き始め
IMG_0150.jpg



IMG_0151.jpg



冬用の厚手の手袋をして、おまけにホカロンを握りながら歩きました。



IMG_0155.jpg



         三坂峠分岐付近
IMG_0158.jpg




三坂峠手前の群馬県境トレイルの入り口に着きました。登山道開通日の8月11日以来の登りです。




IMG_0160.jpg



          稲含山への稜線の霧氷
IMG_0161.jpg



稜線へ出ると陽当たりも良く雪の少ない登りになりました。



IMG_0162.jpg



IMG_0163.jpg


         奥に白砂山
IMG_0169.jpg



今日は本当は真っ白い雪の尾根が続く道を歩き、遠く近くの山が白く輝く風景を思いながら登りましたが、空に一つの雲も無く、既に葉を落とした木々の下を、その枯葉をサクサクと踏みながらの登りになりました。



IMG_0170.jpg




          遠くに平標山・仙ノ倉方面
IMG_0177.jpg



IMG_0178.jpg



上部の三角山が1776m峰ですが、その登りがちょっときつい登りで、おまけに苔むした岩を登る道になります。そこを越えると草原の中の歩きになります。



IMG_0186.jpg



IMG_0189.jpg



IMG_0194.jpg



1776m峰を越えると展望も良くなり、苗場山に続く稜線の上に谷川の万太郎付近の山々が白く見えるようになりました。



IMG_0198.jpg



IMG_0199.jpg



          遠くに霞む武尊・日光白根方面
IMG_0201.jpg



         登って来た1776m峰
IMG_0204.jpg



          ちょこっと神楽・苗場山
IMG_0210.jpg



          金城山・巻機山方面
IMG_0212.jpg




IMG_0213.jpg



草原の熊笹に座り、これらの景色や、近くになった上ノ倉山・忠次郎山・上ノ間山・白砂山を眺めながら食事にしました



          谷川方面
IMG_0214.jpg



          左に白砂山・右に上ノ間山・忠次郎山方面
IMG_0216.jpg



         八間山から堂岩山方面かなー
IMG_0217.jpg



冬の麗らかな日でしたので、もう少し先まで行って見たかったのですが、これ以上長居すると真っ暗闇の帰りになりそうなので、そろそろ下山することにしました。



IMG_0220.jpg



IMG_0222.jpg



           奥に稲包山
IMG_0223.jpg



ここは結構アップダウンが多くロングコースで午後の2時頃に降りましたが、駐車場に着くころは真っ暗山寸前の時間になってしまいました。



IMG_0227.jpg











高崎市内で紅葉の名所に

2018/11/25日

3連休で暇を持て余し、近くの紅葉の名所に散歩に行って来ました。


IMG_0109.jpg



IMG_0115.jpg



IMG_0110.jpg



下の小川から霧が舞いあがり、幻想的な風景になっていました。



IMG_0111.jpg



IMG_0113.jpg



IMG_0108.jpg



今日は新しく購入したコンデジの試し撮りも兼ねています



IMG_0118.jpg



IMG_0122.jpg



IMG_0123.jpg



欲しかったコンデジでしたが、少し高かったので躊躇していましたが、後継機種が出るようで、かなり安くなり思い切って購入しました。



IMG_0131.jpg



センサ-サイズが以前のより大きいので、画質は以前のコンデジより良いようです。




IMG_0132.jpg



同じく高崎の名所の白衣観音もこのそばの丘陵に建っています。



IMG_0134.jpg




         高崎市街地の眺め
IMG_0137.jpg




今年も裏妙義紅葉谷へ 2018/11/23日

今年も裏妙義の紅葉谷に多くのブロガーさんと行って来ました。



          女道の紅葉
IMGP2661.jpg



          まず旧国民宿舎の前で記念写真(てるてる坊主さんに撮ってもらいました)
IMGP2621.jpg



今日は県の北部の山間部あたりは雪が降っているようで、木枯らし1番も吹くようですが、登り始めは案外暖かな陽気でした。



                登り始め
IMGP2624.jpg



紅葉谷の紅葉ゾーンに入りました



IMGP2627.jpg



IMGP2628.jpg



IMGP2629.jpg



この紅葉谷には20年も前から登っていますから、想い出もたくさんありますが、今年は更に想い出多い紅葉谷になりました。



IMGP2630.jpg



IMGP2631.jpg



IMGP2633.jpg



IMGP2634.jpg



平成最後の秋のこと
山の紅葉が照り映えて
遠くから来た山友も
近くに住んでる山友も
仕事に忙しい山友も
みんな笑って歩いてた



IMGP2635.jpg



IMGP2637.jpg



IMGP2638.jpg



この時期にいつも来ていた人なのに
来れない人も幾人か
永久に来れなくなった人もいた



IMGP2640.jpg



IMGP2641.jpg



IMGP2642.jpg



夫婦仲良く山に行き
花を撮ったり
富士を眺めていた人なのに
羨ましいほど
美男で美女の夫婦だった
時の流れは早くて無情
そして無常に過ぎて行く



IMGP2645.jpg



IMGP2646.jpg



             浅間颪が冷たい三方境に着きました。これから女道へ降ります
IMGP2648.jpg



脳幹梗塞患って
毎年ここに来ていた山友も
みんなのブログを楽しみに
きっと眺めているだろう

                女道
IMGP2650.jpg



IMGP2654.jpg



           ここで紅葉を眺め昼食
IMGP2660.jpg



覚えているかな
あれは確か秋始め
宝川を遡り 
朝日・笠を越えて行き
真っ暗闇の白毛門
ヘッラドンプ頼りに降りたっけ

       右の方から美男美女が
IMGP2662.jpg



          mikkoさん御夫婦
IMGP2663.jpg



IMGP2664.jpg




覚えているかな
地王堂川を越えて行き
霧氷の木々を眺めつつ
尖がり山のテッペンで
白く輝く谷川眺め
万歳 万歳と叫んでた
日白山の冬のこと




               谷急山に行っていた ゆうやけ さんも降りて来た
IMGP2665.jpg



IMGP2666.jpg



IMGP2667.jpg



覚えているかな
桃の花咲く甲州で
ピンクの花園のその上に
白く輝く遠嶺を
春の盛りに眺めた日



IMGP2668.jpg



IMGP2669.jpg



IMGP2670.jpg



覚えているかな
初めて登った桧沢岳
アカヤシオ咲く岩場に座り
貴方が握ったオニギリを
皆で美味しく食べたっけ



IMGP2671.jpg



IMGP2672.jpg



IMGP2673.jpg



覚えているかな
カンジキを初めて履いた聖岳
飛び跳ねながら眺めてた
針ノ木・爺に鹿島槍
アルプスの良さを知ったっけ



IMGP2674.jpg



IMGP2675.jpg



IMGP2677.jpg



壊れちまった脳の奥に
いつまでも いつまでも
仕舞って置いて欲しい
山のこと
そして 
こんな素晴らしい山友と
一緒に歩いた紅葉谷を



IMGP2679.jpg



IMGP2682.jpg



IMGP2684.jpg



IMGP2692.jpg




単独登山が多い、孤独な登山ですが、
今日は平成最後の秋を、
皆様の御蔭で充分に楽しみました。
来週から雪山と
また孤独を楽しむ登山になりそうです。



IMGP2693.jpg



IMGP2697.jpg



          哀しみに負けないで!!
IMGP2694.jpg






紅葉と冬桜の桜山  2018/11/17日


続きを読む

紅葉の妙義大人場~中間道~1本杉

2018/11/10日

家から一番近い妙義山あたりが紅葉の見頃になったようです。今頃は大勢の登山者で賑わっている事と思い、今日は静かな、大人場から中間道にに登り、帰りは石門群から1本杉を降りて大人場に降りようと思います。



          今日の紅葉
IMGP2455.jpg



立冬を過ぎれば寒くなりそうですが、今日は暖かくて上着は要らないような陽気です。真っ青な空の下、白い雲が早く流れていて、風が少しあるようです。



          大人場
IMGP2389.jpg



IMGP2385.jpg



IMGP2386.jpg



IMGP2390.jpg



先週に続き近い山ですから、朝は普段と同じに起きて、8時頃には登り始めました、昨日の雨に洗われた紅葉は朝日を照り返して綺麗な紅葉でした。



IMGP2396.jpg



IMGP2403.jpg



IMGP2404.jpg



IMGP2405.jpg



上部から少し賑やかな声が聞こえて来ました、もうすぐ 「あずまや」付近のようです。



IMGP2408.jpg



IMGP2411.jpg



IMGP2414.jpg



数人の方が憩う「あずまや」に着きました。ここから白雲山や相馬山を眺め、中間道を歩き石門群へと行きます。



     あずまや付近より白雲山・相馬山方面
IMGP2418.jpg



妙義中間道での紅葉はここからが一番美しい所です。今年も赤や黄色の織りなす景色は、良い眺めでした。



IMGP2421.jpg



IMGP2425.jpg



IMGP2429.jpg



          縦に撮った写真を横にした訳ではありません、急斜面の紅葉です)
IMGP2432.jpg



IMGP2430.jpg



IMGP2441.jpg



今日は暖かな秋の日和ですが、少し強い風が吹いて居て、しがみついて居た枯葉がハラハラと舞い降りてきます。そんな景色を撮ろうと思い、カメラを構えると意地悪にも枯葉は落ちて来ません。



IMGP2442.jpg



          金洞山方面
IMGP2443.jpg



IMGP2445.jpg



IMGP2446.jpg



           安中市方面
IMGP2447.jpg




後ろから中国人らしい若者たち30人くらいが、大きな声で話しながら付いて来ます。



IMGP2451.jpg



IMGP2458.jpg



IMGP2462.jpg



IMGP2464.jpg



先日事故のあった長い鉄の階段を登ります。登り切ったら後から来る中国人の若者たちが騒々しいので先に行かせます。



IMGP2466.jpg



IMGP2468.jpg



石門群に着きました。賑やかなので大砲岩方面には行かずに、第4石門のそばの「日暮の景」で昼食にしました。




      石門群付近から白雲山・相馬山方面
IMGP2470.jpg



IMGP2472.jpg



IMGP2474.jpg



IMGP2475.jpg




          日暮の景 より
IMGP2480.jpg



ここから石門群に降りずに、見晴らしを経て中の岳神社方面に降りました。




            見晴らし より
IMGP2481.jpg




IMGP2482.jpg



IMGP2485.jpg



          中の岳神社を降りて1本杉へと向かいます。
IMGP2487.jpg



1本杉から、登って来た大人場方面に降ります。この道では誰にも会わないかと思ったら、以外に3・4組の方と会いました。



IMGP2489.jpg



IMGP2497.jpg








紅葉の浅間隠の隣の笠岩へ 2018/11/3日

昨年の今頃に東吾妻の浅間温泉郷から浅間隠山へ登りました。その時の途中の紅葉が素晴らしかったので、今年も行くことにしました。浅間隠は人気の山で、今頃は大勢の登山者で賑わっていると思われます。その為今日は山頂直下から右の尾根へ、気になっていた岩峰の笠岩へ登ることにしました。



             今日の紅葉
IMGP2289.jpg




          登山口
IMGP2227.jpg



           登り始め
IMGP2221.jpg



IMGP2229.jpg




近くにこんなに綺麗な紅葉の山があるのは、本当に嬉しいものです。ゆっくりと起きて、のんびり登山ができて、早く家に帰ることも出来ます。



IMGP2231.jpg



IMGP2233.jpg



IMGP2234.jpg



温川沿いに登り何度か渡渉します。熊さんも多く棲んでいるようで、登山道にたくさんの熊避け鐘があります。



IMGP2235.jpg



IMGP2250.jpg



IMGP2259.jpg



IMGP2261.jpg



昨年登った時は、あまりの紅葉の美しさに、2度に分けてブログをアップしました。今回も素晴らしい紅葉ですが、なんとか一度で終われせようと思っています。その為やはりちょっと長くなりそうです。



IMGP2265.jpg



IMGP2269.jpg



IMGP2270.jpg



IMGP2271.jpg



こちらから登る登山者には今日は3組の方に出会っただけです、二度上峠からの登山者に比べれば嘘のように静かな尾根歩きです。



IMGP2272.jpg



IMGP2274.jpg



IMGP2275.jpg



IMGP2277.jpg



山が朝日を浴びて真っ赤に燃えているような道です。私もまだまだ燃えなければ と思いますが、時々負けそうな気もします。



IMGP2286.jpg



IMGP2278.jpg



IMGP2281.jpg



IMGP2285.jpg



そろそろ家でゴロゴロする生活に変えようか 何て思う時もありますが、こんな景色を眺めれば、やはりまだまだ という気持にも・・・。



IMGP2287.jpg



IMGP2288.jpg



IMGP2291.jpg



IMGP2293.jpg



IMGP2296.jpg



IMGP2298.jpg



高度が上がり、石楠花尾根が近くになる頃は、さすがに紅葉も少し疎らになって来ました。



IMGP2295.jpg



IMGP2306.jpg



IMGP2304.jpg



IMGP2310.jpg



暑かった夏もいつの間にか過ぎて行き、この近辺の山でも白い便りが来るような季節になって来ました。紅葉達も身を守るために落葉するようですから、そろそろ来年の再生の準備なのでしょうか、少し寂しい道です。



IMGP2313.jpg



IMGP2314.jpg



IMGP2315.jpg



IMGP2316.jpg



石楠花尾根をジグザグに登り、浅間隠への登りが近くになって来ました。



IMGP2325.jpg



浅間隠山頂から登山者の声が聞こえて来そうな、直下の尾根から踏み跡の無いクマザサの道を右にに登ります。もう紅葉はありません、枯れ木とクマザサの道です。



IMGP2326.jpg



IMGP2327.jpg



         これから)登る笠岩方面
IMGP2328.jpg



たまには白く褪せたテープがあり、所々に踏み跡は多少あります。
ピークを二つほど越えて、あまり展望のない 笠岩(1589m)の山頂に着きました。
展望はありませんが雰囲気はなかなか良い山頂で、陽だまりで食事をして
下山しました。


           笠岩山頂
IMGP2331.jpg



この尾根を真っ直ぐに歩けば、栗平峠から万騎峠を越えて菅峰まで行くことが出来そうです。




            下山中より登って来た笠岩方面
IMGP2336.jpg



ここは今年も良い紅葉でした



IMGP2368.jpg



IMGP2370.jpg



IMGP2374.jpg





紅葉の当間山 2018/10/28日 NO 2

展望台で日本海方面の微かに見える米山や弥彦山方面を眺め、少し早い食事にしました。ノンビリ登山ですからコンビニオニギリにカップラーメンですが美味しく戴き山頂へ向かいました。



IMGP2156.jpg




          山親爺と書かれた ブナの木がありました
IMGP2157.jpg




それこそ親爺のような厳しい試練を越えて来たと思われるブナの木でした




IMGP2158.jpg



IMGP2159.jpg



         上部の綺麗な紅葉の下が山頂の三角点のある所です
IMGP2162.jpg



         山頂方面
IMGP2165.jpg



山頂には魚沼スカイライン方面から登って来た夫婦の方が食事をしていました。三角点の碑を撮るのを忘れてしまいましたが。ここはあまり展望が無く僅かに開けた所から、巻機山方面を眺めて下山しました。




          湯沢町と巻機山方面
IMGP2172.jpg



IMGP2173.jpg




IMGP2174.jpg



IMGP2177.jpg



帰りは順光ですから紅葉も一層鮮やかになって来ました。




IMGP2182.jpg



IMGP2183.jpg



IMGP2189.jpg



この辺りから来た道と違って「ブナ回廊」と言われる道を降りました。



IMGP2190.jpg



IMGP2192.jpg



IMGP2196.jpg



今回も前回と同じくBluetoothで小さなスピーカーに音楽を流して歩いて居ます。




         ここにはこんな先住民??が大勢住んで居ますので
IMGP2203.jpg



          まあ私なんか食べても骨ばかりで美味しくはありませんが
IMGP2204.jpg



今回はクラッシクやジャズでは無く ド演歌ばかりを聞きながら降りました。



IMGP2198.jpg



IMGP2200.jpg




加藤登紀子や高倉健さんの歌っていた

「時代遅れの酒場」

♪♪この街には 不似合いの
  時代遅れのこの酒場
  今夜もやってくるのは
  ちょっと疲れた男たち
  風の寒さをしのばせた
  背広姿の男たち
  酔いがまわればそれぞれに
  歌の一つもとびだして
  唄を唄えば血が騒ぐ
  気が付けば窓の隙間に
  朝の気配が忍び込む・・・



IMGP2210.jpg




IMGP2202.jpg



IMGP2206.jpg




♪♪俺はこんな所にいつまでもいるんじゃないと
  この街には住み飽きて
  俺の女もどこかへ行った
  あいつ今頃どこでどうして
  どんな男といるんだろ
  夢の苦さも知りもせず
  夢を探しているんだろー



IMGP2211.jpg




IMGP2214.jpg



俺はこんなやつらと
こんな所にいつまでも
うろうろしてなどいないと
思いながら
未だにそんな所を
うろついていて
結局未だに
背中に寒い冬の風が吹き通る
こんな道を歩いています。




IMGP2216.jpg




IMGP2220.jpg




     長いブログになりましたが、最後まで読んで戴き有難うございました。




紅葉の当間山 2018/10/28日 NO 1

刈り取られた稲穂の株が残る田圃は,初冬らしい風景になって来ました。今日は久しぶりに秋晴れの天気になるようなので、今年の残雪の頃と夏の深緑の頃に楽しみ、紅葉の頃も良さそうな当間山に行くことにしました。



          今日の紅葉
IMGP2164.jpg




新潟の湯沢を過ぎ、まだそれほど紅葉していない清津峡付近を通り越し、登山口に着きました。登山口の駐車場には1台も車が無く、今日も一人旅のようです。



          登り始め
IMGP2076.jpg



IMGP2082.jpg



IMGP2084.jpg



IMGP2086.jpg



この山は広大なブナ林の続く山ですから、一日中ブナ林の中の景色になります。登り始めは黄緑色のブナ林でしたが、徐々に黄色みがかったブナ林になって来ました。



IMGP2090.jpg



IMGP2091.jpg



IMGP2092.jpg



IMGP2098.jpg



登りはズーッと太陽に向かって登り、その日差しと木漏れ日に揺れる木々を眺めながら登りました。



IMGP2113.jpg



IMGP2096.jpg



IMGP2112.jpg



IMGP2103.jpg



こんなブナ林の森が古代からの、日本の山の原風景なのでしょうか、その為なんとなく癒される風景です。



IMGP2106.jpg



IMGP2102.jpg



IMGP2104.jpg



IMGP2108.jpg



秋はきらびやかで 
華やかで 爽やかで
そして 
夏の花火のように
終わりが近くなれば、
鮮やかになるほどに
寂しい季節です




IMGP2107.jpg



IMGP2111.jpg



IMGP2129.jpg



IMGP2130.jpg



霧氷の木々が
晴れやかな雪の上に
揺れながら影を落としていた冬

花はそれ程無かった道に
小鳥たちが鳴き騒いでいた夏

今は何の音も無く
少し冷たくなった
黄色い風が吹くだけの道




IMGP2133.jpg



IMGP2131.jpg



IMGP2135.jpg



IMGP2137.jpg



すぐ上に展望台がありますが。今回はそこまででにして、残りは NO2でアップします。



IMGP2139.jpg



IMGP2142.jpg



          日本海方面の米山や苅羽黒姫山方面
IMGP2180.jpg



IMGP2147.jpg



IMGP2148.jpg



          これから登る当間山方面
IMGP2143.jpg





画像が多くなりましたので、この続きは NO2でアップ致します



プロフィール

インレッド

Author:インレッド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR