FC2ブログ

雪降る日に名も無き山に  2019/2/16日

日曜日は天気が良さそうでしたが、所要のため、天気の悪そうな土曜日に、以前からちょっと気になっていた、名も無き山に行って来ました。



P2140007.jpg



暇な時は時々、日本地理院地図を眺めどこに行こうかと、面白そうな山域を探しています。群馬では一番の豪雪地帯の藤原地方にそんな尾根があり、前から登って見たいと思っていました。 

  

             登り始め
P2140001.jpg



その尾根は色々と調べて見ましたが、ネットに一つもアップされていず、どんな尾根なのか全く解りませんでした。



P2140002.jpg



地図によれば1272m付近から1356m付近は稜線がほぼ平坦になっていて、尾瀬や武尊や谷川方面の眺めが良さそうです。



P2140003.jpg



P2140005.jpg



珍しく数日前の踏み跡がありましたが、ミズナラの古木がある所で、Uターンしてしてしまい、そこからは踏み跡も赤テープなどもいっさい無い、まっさらな雪の道になり、深い森の中の登りになりました。



P2140006.jpg



今日はGPSにルートを入れて登りましたが、最近GPSの調子が悪く、早くも電池切れになってしまいました。一応スマホに地図は載せてありますので、それを頼りに登りました。



P2140008.jpg



P2140009.jpg



どのあたりの山域かと言いますと、奈良俣ダムあたりから坤六峠へ行く途中の右側にある尾根で、そこから武尊への手小屋沢避難小屋方面へ続く尾根です。藤原地方は、かなり雪が多く積もっていて、今日も朝から雪の降りしきる登りでした。



          白樺の林もありました
P2140010.jpg



今日はちょっとした冒険登山です。この辺りの山域は、群馬ではここにしか居なかったと言う、マタギの世界なのかも知れません、静かな静かなこんな世界ですが、晴れていれば、あるいわ紅葉の頃は、きっと素晴らしい眺めだと思いました。



P2140011.jpg



P2140012.jpg



P2140013.jpg



この画像の奥の白い稜線を登れば1261m峰に着くようですが、ここから大きく降ります
P2140015.jpg



雪の為、迷うと困るので赤テープを付けながら登りました。



P2140014.jpg



P2140016.jpg



P2140018.jpg



P2140019.jpg



大きく降って来ましたが、既に午後1時を過ぎてしまい、おまけにラッセルに疲れました。ここから登り上げるのもキツイので、ここから更に降って 木ノ根沢 を越えて道路に出ようと思います。



P2140020.jpg



上部に堰堤が見えて来ました。この下に 木ノ根沢があります。
P2140021.jpg



P2140022.jpg



細い沢ですからなんとか渡れると思い、あちこち探しましたが、渡れそうな所がありません。



P2140023.jpg



仕方が無く、疲れた体に鞭打って登り返し、登って来た道を戻りました。



P2140024.jpg



P2140025.jpg



今日は本当に冒険登山でしたが、鈍った体にはたまには良いのかもしれません、その内またトライかなー。



P2140026.jpg





綺麗な霧氷の茂来山 2019/2/10日

折角の連休も行きたい山の方向はみな雪マークばかり、どこに行こうかと迷った末、寒い日が続いていたので、霧氷の山にでも行こうと意を決し、フロントガラスに張り付いた、氷のように固まった、今朝がた降った少しの雪を払い、佐久の茂来山に行くことにしました。



          霧氷の桜並木
P2080122.jpg



この山には今日これから登る露久保沢コースを3度ほど登っています。隣の槇沢コースは2度紅葉の頃に登りました。これから登る途中には「森の巨人100選」に選ばれている、「こぶ太郎」や「大王とちの木」などの巨木があります。



          登り始め
P2080007.jpg



途中薄暗い杉林を過ぎて沢沿いを1時間ほど歩くと大きな橡の木が見えて来ました。「こぶ太郎」です。樹齢250年、幹回り5.3m高さは22mほどあります。



          コブ太郎
P2080010.jpg



この少し上にも「大王とちの木」があり、飢饉のときには実を食べてしのいだため、村の人には大事にされていたようです。



          大王とちの木
P2080015.jpg



この辺りまでは霧氷は見られませんでしたが、そろそろ霧氷の林に入って来ました。他所で見る霧氷よりも、少し繊細な感じがする霧氷ですが、それが一層美しく見えます。



P2080021.jpg


P2080022.jpg


P2080031.jpg



P2080038.jpg



今日 登山口への林道は新雪が10㎝ほど積もっていましたが、その下は固く凍ったアイスバーンになっていて、4輪駆動車でも坂は登れず、登山口の下の方に置いて登り始めました。佐久市付近では-6度くらいでしたから。これから登る上部方面は-10℃くらいになっているかも知れません。



P2080039.jpg



日影道でしたが上に少し明るさが・・・



P2080042.jpg



茂來山への尾根が近くになったようで、少し明るくなって来ました。



P2080049.jpg



P2080050.jpg



P2080054.jpg



P2080055.jpg



P2080056.jpg



槇沢コスからの分岐の尾根に着きました。ここからの尾根も霧氷が綺麗なようで楽しみです。



P2080066.jpg



P2080072.jpg



P2080073.jpg



桜並木のような霧氷の道になりました。




P2080074.jpg



P2080078.jpg



P2080085.jpg



今日はそれ程風は吹いて居ないのですが、陽射しにあたり溶けた霧氷が、桜吹雪のようにさらさらと落ちて来ます。



P2080087.jpg



P2080088.jpg



          山頂直下付近
P2080090.jpg



         茂來山山頂 1718m
P2080092.jpg



P2080094.jpg



山頂で地元群馬の鹿岳や荒船を眺め、正面に大きく見える八ヶ岳を眺め、美味しい食事にしました。



            八ヶ岳
P2080100.jpg



P2080109.jpg



          金峰・瑞牆方面
P2080113.jpg



          浅間方面
P2080108.jpg



         鹿岳方面
P2080107.jpg



          両神山
P2080104.jpg



          仙丈・甲斐駒・北岳方面も微かに
P2080110.jpg



時々は青空も見えましたが、殆どは曇り空でした。思っていた通りのキメの細かい美しい霧氷が見られ、展望を楽しみ下山しました。帰りの道も日差しが変わって、また美しくて楽しい道でした。



          帰りの尾根
P2080124.jpg



P2080125.jpg



P2080128.jpg



P2080129.jpg





霧氷と大展望の聖山  2019/2/2日。

今頃は夜寝る頃の星空には、冬の大三角形が丁度真上に眺められ、山に行くために早朝に起きて見れば、明けの空には細いナイフのように尖がった月の横に、木星と金星が明るく輝いていて美しい夜空になっています。そんな星空を眺めながら、今日も日課のように山に行き、北アルプス大展望の山に行って来ました。



           凍った雪の道の聖湖付近
IMGP3169.jpg



聖湖付近から右に曲がり細い林道を麻績村の別荘地付近を通り過ぎ、三和峠の登山口から登り始めました。



          登山口
IMGP3171.jpg




登山道は数日前に降ったらしい雪の道で、少し窪んだ雪のトレースが残っていますが、ここ数日は誰も登った跡の無い道でした。




IMGP3173.jpg



青空に霧氷が映、凛とした空気の道になり、今日は病み上がりの体ですが、こんな景色を眺めていれば、すぐに治ってしまいそうな道でした。



IMGP3187.jpg



IMGP3188.jpg



IMGP3193.jpg



途中は木々の間から浅間や、八ヶ岳・妙高の山が眺められ、今日は大展望が期待できそうで、ワクワクしながら登っていました。




IMGP3203.jpg



IMGP3205.jpg



IMGP3206.jpg



IMGP3207.jpg



寒そうな霧氷の道ですが、今日は案外暖かくダウンの上着は脱いで、オープンシャツだけでも寒くはありません。



IMGP3208.jpg




IMGP3212.jpg



IMGP3219.jpg



青空と霧氷は良く似合います。時折僅かな風に吹かれ溶けた霧氷が、金の粉になり、サラサラと降って来ます。



IMGP3222.jpg



IMGP3223.jpg



IMGP3224.jpg



種池からの道の分岐に着きました。



IMGP3225.jpg



この辺りからは山頂も近くになり、霧氷の中の少し急登になりますが、相変わらず霧氷の道で、太陽の光を受けて、金色になった霧氷が舞い降りてきます。



IMGP3234.jpg



IMGP3227.jpg



IMGP3228.jpg



霧氷も輝いていますが、雪の道も真白に照り映えていて、静かさの中にも賑わいも感じる道でした。



IMGP3229.jpg




IMGP3233.jpg



IMGP3235.jpg



木々の窓から妙高あたりかな
IMGP3242.jpg



          大きなアンテナの建つ山頂が見えて来ました
IMGP3245.jpg



そして大舞台の緞帳の幕が開き、山のスター達が揃い踏みです



IMGP3248.jpg




           爺・鹿島槍・五竜
IMGP3258.jpg



           鹿島槍~白馬方面
IMGP3262.jpg



           妙高方面
IMGP3267.jpg



           根子・四阿山
IMGP3265.jpg



          針ノ木(蓮華も)から船窪方面
IMGP3251.jpg



         普段はあまり眺められない 野口五郎や烏帽子方面かな??
IMGP3252.jpg



           斑尾・黒姫・飯縄
IMGP3266.jpg



山のスター達を眺めながら美味しい食事にして下山しました


           帰りの道
IMGP3273.jpg



IMGP3274.jpg








尾ノ内渓谷・芦ヶ久保・三十槌氷柱を見て来ました。

2019/1/26日、秩父3大氷柱と言われる、尾ノ内・芦ヶ久保・三十槌の氷柱を見て来ました。まず群馬の神流町の叶山付近の白水の滝は氷柱になっているのだろうかと思い、今日の氷柱の旅はそこから始まりました。



          尾ノ内渓谷の氷柱
IMGP3089.jpg



叶山の麓の白水の滝は日陰の寒い所にある滝でしたが、まだ氷柱にはなっていませんでした。



          白水の滝
IMGP3058.jpg



神流町から志賀坂峠を越えて両神山の天理岳の山裾にある、尾ノ内渓谷に向かい、 まず尾ノ内渓谷の氷柱を見て来ました。



IMGP3068.jpg



IMGP3072.jpg




天気の良い土曜日ですから、見学者で賑わっているかと思いましたが、案外スムーズに駐車場に車を置くことが出来て、ゆっくりと眺められました。



IMGP3074.jpg




IMGP3076.jpg



ここの氷柱はアイスブルーが美しい氷柱でした。




IMGP3079.jpg




IMGP3084.jpg




IMGP3085.jpg




次に秩父を越えて横瀬町に入り、芦ヶ久保の氷柱を見て来ました。ここはすぐ近くを西武鉄道の電車が通っていて、駅にも近いせいか多くの観光客が見学していました。



IMGP3110.jpg




IMGP3097.jpg




IMGP3098.jpg



ここもアイスブルーが美しい氷柱でした。規模は尾ノ内渓谷の氷柱よりも大きく、結構見応えがありました。



IMGP3099.jpg




IMGP3103.jpg



IMGP3111.jpg



この芦ヶ久保からの道は以前に二子山や武川岳に行く時に通った事のある道ですが、今は殆ど記憶にありません、僅かに近くを通る電車の音に覚えがあるだけでした。



IMGP3112.jpg



IMGP3114.jpg



IMGP3113.jpg



IMGP3130.jpg




IMGP3132.jpg



車中で昼食にして、次に雁坂トンネルや三峰神社方面に行き、秩父湖付近の三十槌の氷柱を見に行きます。




          三十槌の氷柱
IMGP3142.jpg




IMGP3140.jpg



今までの尾ノ内氷柱や芦ヶ久保の氷柱は人工的に作られた氷柱ですが、ここの三十槌の氷柱は自然に浸みだしてきた水が凍った氷柱で、まだ少し細めの氷柱でしたが、私的には一番好きな氷柱でした。



IMGP3143.jpg




IMGP3145.jpg




IMGP3146.jpg




IMGP3147.jpg



かなり寒かったので一旦上にある売店に戻り、温かな甘酒を飲み、体を暖めました、まだ午後3時くらいなので、夕方5時からのライトアップには時間があり過ぎて、また下に降りて写真を撮り帰えることにしました。



IMGP3151.jpg




IMGP3153.jpg



IMGP3154.jpg




IMGP3156.jpg



今日は心身ともにブルーになりましたが、本当は山に と思っていたのですが、ドクターストップがかかってしまい山には行くことが出来ず、氷柱を楽しむ山旅になりました。




IMGP3159.jpg



IMGP3161.jpg




IMGP3162.jpg



今年初の新潟の山は坊谷山 20196/1/12日。

久しく雪模様の続いた新潟地方も、今日は何とか晴れ間もありそうなので、雪見登山を南魚沼地方の里山、坊谷山に登って雪国の風景を楽しもうと思います。



           坊谷山山頂より守門・下権現堂山方面
IMGP3023.jpg



この山は地元の登山者の方にも、あまり知られていない山と思いますが、実は知る人ぞ知る「雲海」の山なのです。今日もその雲海が見られれば良いなー と思いつつ登っていました。



           霧の湧く下・上権現堂山方面
IMGP2959.jpg



朝方は雲が湧き、雲海になるかと期待しながら登っていました。



IMGP2968.jpg



          登り始めの尾根
IMGP2966.jpg



生憎、雲海にはならないようですが、その片鱗は少し見られたようです。ここは里山の低山ですが、今回登った細越峠付近かtらの道は、ピークがいくつかあるようです。



          まず一つ目のピーク
IMGP2971.jpg



          そのピークから魚沼平野
IMGP2973.jpg



         次のピークを目指します
IMGP2974.jpg



IMGP2975.jpg



踏み跡は動物たちの歩いた足跡だけが残る道です。



IMGP2979.jpg



          後方に駒ケ岳方面が少し見えて来ました
IMGP2985.jpg



          二つ目のピークを目指します
IMGP2989.jpg



IMGP2990.jpg



         二つ目のピーク
IMGP2992.jpg



山頂からの眺めはそれ程変わりませんが青空が多くなり一層よい眺めになりました。



IMGP2997.jpg



IMGP2999.jpg



IMGP3000.jpg


少し降って三つ目のピークに行きます。



IMGP3002.jpg




IMGP3003.jpg



小粒ながらピリッと辛い道もありました



IMGP3005.jpg



五重の塔のような碑が立つ、三つ目のピークが見えて来ました。



IMGP3007.jpg



疫病が流行らないように祈願した塔の建つ山頂は、その名の通り「塔ノ山」と言われているようです。



           次に四っつ目のピークを目指します
IMGP3008.jpg



           歩いて来た尾根
IMGP3009.jpg



          いよいよ本峰かなー
IMGP3010.jpg



IMGP3012.jpg



          坊谷山 山頂
IMGP3013.jpg



魚沼平野が一望できる山頂に着きました。このあたりからは反対側から登って来たらしい、数日前の踏み跡がありました。




IMGP3022.jpg



遠くあるいわ近くに真っ白い山波が続き、その下には、雪の田畑が整然と並び、人家は静かに眠るように建っています。雪の無い地方に住んで居る人間にとっては、大変美しい風景です。



IMGP3024.jpg



IMGP3026.jpg



      駒ケ岳もすこし見えています
IMGP3027.jpg



山頂で、雪国の景色を楽しみながら食事にして、帰りは守門や上下権現堂などの山を眺め、来た時とは違う大崎方面に降りて帰ろうと思います。



          2年ほど前に六万騎山から登った、長森・堂平・猿倉山の上に聳える八海山と左に駒ケ岳
IMGP3028.jpg



          守門岳
IMGP3031.jpg



         下上権現堂山
IMGP3032.jpg



          下山の途中の木が暖かだったせいか湯気を出していました
IMGP3042.jpg



          下山の尾根
IMGP3035.jpg



今年始めての新潟の山でしたが、雪国の風景を充分に堪能しました。真っ白い山波の風景は心身ともに清らかにしてくれました。



IMGP3045.jpg





満開の蝋梅を眺めてから御荷鉾山へ

2019/1/5日

我が家の小さな庭の蝋梅も丁度満開になりました。その頃になると、藤岡市鬼石町の桜山も蝋梅が満開になります。ここの処、寒い登山ばかりしていましたので、今日は暖かな陽だまり登山をと思い、桜山に行き蝋梅を眺め、そのほのかな香りを楽しんで来ました。




          今日の桜山のロウバ
IMGP2911.jpg




IMGP2886.jpg




IMGP2906.jpg




麗らかな暖かい冬の日
まさに冬麗
周り中黄色に染まっている
良い香りも漂い
のんびりと
ここで寝てしまいたい





IMGP2898.jpg




一人の登山者が
黄色い花のしたで
昨年の出来ごとでも
あるいわ今年の先のことなど
思っているのだろうか




IMGP2894.jpg




IMGP2905.jpg




遠くから来たらしい夫婦が
犬を連れて
楽しそうに歩いてた
犬もたのしそうに飛び跳ねている




IMGP2902.jpg




IMGP2916.jpg




IMGP2899.jpg



IMGP2895.jpg



IMGP2930.jpg




IMGP2931.jpg




陽だまりで少し早い食事にして、一応「山ノボラー」ですから、このまま帰っては申し訳ないので、近くの西御荷鉾山に登って来ようと思います。



           登り始め
IMGP2932.jpg




IMGP2936.jpg




       旧ゴルフ場の上に父不見山と奥に武甲から雲取への山なみ
IMGP2937.jpg



30分程で山頂直下に着きました




IMGP2938.jpg




夏には、ちらほらとニッコウキスゲが咲く山頂に着きました。




IMGP2940.jpg




           山頂より高崎・前橋方面
IMGP2942.jpg




          山頂より前橋方面
IMGP2943.jpg

 

          妙義の上に 浅間山方面
IMGP2944.jpg




下山して近くにある 尾崎喜八の「神流川紀行」の碑を読み帰宅しました。

 「父不見 御荷鉾も見えず 神流川 星ばかりなる万場の泊まり」・・・・  尾崎喜八







今年の初登りは烏帽子岳で 2019/1/2日。

箱根駅伝がある時は、我が家の奥方はテレビに夢中なので、邪魔にならなように毎年山に行きます。正月休みの帰省者の車で道路は渋滞しそうなので、近くの湯ノ丸・烏帽子で霧氷三昧にすることにしました。

          今日の霧氷と烏帽子方面
IMGP2789.jpg



早朝の5時頃に湯ノ丸スキー場に着き、空を眺めたら、三日月の下に1番星の金星が月の首飾りのように眺められ、早速写真を撮ってみました。


IMG_0749.jpg



朝日を浴びた湯ノ丸・烏帽子辺りを撮りたいと思っていましたが、かなり寒いので寒さ対策に万全を期し、おまけに星空なんて撮っていたらすっかり出かけるのが遅くになってしまいました。



IMGP2745.jpg



IMGP2754.jpg



IMGP2757.jpg



いつもの年なら、キャンプ場付近でも霧氷になっているのですが、ここ数日寒い日が続いた割には霧氷になっていず、今日は見られないかと思っていたら、やっぱり霧氷の道になって来ました。



IMGP2759.jpg



IMGP2763.jpg



IMGP2765.jpg



2・3日前の踏み跡はありますが、早朝に歩き始めたせいか、今日の踏み跡は有りません、昨日来降った雪が 10cmほど積もっていて,、スノシューを履いて歩き始めました。



IMGP2767.jpg



IMGP2771.jpg




IMGP2784.jpg



霧氷を眺める道では、この辺りから小梨平ら付近が、一番好きな所です。奥に真っ白い小烏帽子から烏帽子のへの稜線が眺められ良い景色になっています。



IMGP2786.jpg




IMGP2788.jpg



IMGP2791.jpg



IMGP2793.jpg



青空は見えていますが、強い風が吹いて居るようで、雲が勢いよく流れて、青空が出たり雲が流れたり、天候はめまぐるしく変わります。




IMGP2794.jpg




IMGP2797.jpg




IMGP2799.jpg



すっかり霧氷三昧になって来ましたが、今日はこれを見たくて来た訳ですから、時間もたっぷりとあるので、気のすむまで眺めていました。




IMGP2800.jpg




IMGP2804.jpg




IMGP2805.jpg




IMGP2809.jpg




目指す烏帽子岳が青空の下に聳えています。ここから眺めて見れば、雪の烏帽子の眺めはなかなか良い眺めです。




IMGP2811.jpg




IMGP2813.jpg




IMGP2814.jpg




レンゲツツジの頃や白いズミの花が咲くころは、大勢の登山者で憩う、小梨平らに着きました。ここからは急登になり山頂付近は、風も強く吹いて居るようなので、ここでチーズ入りのパンや熱いオニオンスープなどを飲み、朝の食事と昼の食事を一緒にして、これからの寒い登りの準備をしました。




          小梨平
IMGP2821.jpg




IMGP2824.jpg





IMGP2826.jpg




IMGP2827.jpg





この辺りで地元の東御市から来た言う男性が追い越して行きました。やはりこの時期は毎年来ているようで、帰りは違う尾根を降りて帰るそうです。念のためその尾根の道も教えて戴きました。




IMGP2829.jpg




IMGP2831.jpg



IMGP2832.jpg




           振り返って湯ノ丸方面
IMGP2834.jpg




          北風が吹き荒れる小烏帽子への稜線
IMGP2843.jpg




          小烏帽子山頂 奥に烏帽子岳
IMGP2846.jpg





すっかり曇ってしまい展望は無く。冷たい風が北国から吹いて来て頬を刺します。その為 顔をスッポリと隠し目だけ出して歩きます。



IMGP2849.jpg



IMGP2850.jpg





IMGP2853.jpg





烏帽子山頂に着きました。こんな天気ですから、北アルプスも富士も残念ながら見えません。かなり寒いので早々に下山します。




IMGP2856.jpg





IMG_0761.jpg


















明けましておめでとうございます。 2019/1/1日。

昨年もたくさんの山に登り、想い出に残る山が私の「想い出の宝石箱」入りました。大力山での雪の回廊、十二峠から当間山へのきらめく霧氷の山、まだたくさん残る雪の上に咲く満開の桜、たくさんの雪が積もった大毛無山からの妙高の山々の景色、白馬三山のすぐ下の小日向山からの雪の風景、そして つげ義春の漫画に登場した、二股温泉の秘湯中の秘湯のオンボロ温泉の湯小屋、と幾つもの想い出に残る山旅がありました。



           パステルで描いた高座山からの富士
hujiu111.jpg



今年も昨年の想い出の画像より 自分用のカレンダーを作りました。




          1月 本州で一番積雪量の多い山と言われている大毛無山にて
2ookenasi.jpg



あなたは今日も青い空の下
登っているのだろうか
道しるべを頼りに
遠い日の想い出に浸りながら




          2月 大力山での光芒の魚沼平野
1dairiki.jpg



あなたは今日も風の中
登っているのだろうか
もうすっかり遠くなった
昭和の歌など歌いながら



          3月 長岡の山での雪割草
3lokuman.jpg




あなたは今日も
膝を着き 腹ばいになって
花を撮っているのだろうか
美しい花に出会えて
大きな獲物を獲った猟師のように
嬉しさに心満たして



          4月 鳥屋山の麓での雪と桜
4toyamine.jpg



あなたは今日も赤く燃える紅葉の下を
登っているのだろうか
木々たちのざわめきを聞き
いろいろあった1年を思いながら




          5月 女峰山の麓で道無き道で出会ったツツジ
5



あなたは今日も真っ白い雪の尾根を
登っているのだろうか
神々の住むような山々を
孤独にたえながら黙々と



          6月 鬼ヶ面山の」ヒメサユリ
6



あなたは疲れ果てて
来た道を戻ろうかと
何度も思いながら
今日も登っているのだろうか
この先の見たことの無い景色を
頭に描きながら




          7月 霧ヶ峰のニッコウキスゲ
7takabotti.jpg



あなたは もう
後ろは振り向かないと
心に決めて
果てしない空に向かって
一歩一歩また一歩と
登っているのだろうか




          8月 尚仁沢の湧水群にて
8syoujin.jpg



木々も空も雲も私も
ここからあなたを見守っているよ
あなたがきっと乗り越えることを
知っているから




          9月 湯沢アルプスの里に咲いて居たキレンゲショウマ
9arupu.jpg



山の道も 人の道も
表もあれば裏もある
寂しい裏の孤独な道にも
花はたくさん咲いている




          10月 大勢の人が登る裏から登った浅間隠山の紅葉
10asama1.jpg



茜に染まる雪の尾根
一人で降りるは涙道
町の灯りが人恋し
何故か身にしむ心唄




          11月 紅葉と冬桜が一緒になっている桜山にて
11sakurayama.jpg





ぬくもり探して迷う道
絆を求めて分かれ道
あて無き旅のその先に
幸せ色の嶺探し
昔の歌など歌いつつ

今年も元気に乗り越えよう




          12月 霧氷の赤城地蔵岳
jizou.jpg



今年も皆様が元気で山に登れますよう
心からお祈り申し上げます。

     本年も宜しくお願い致します


IMGP8847.jpg



霧氷の鈴ヶ岳  2018/12/24日。


典型的な冬の天気で、関東平野は晴れで、近くの榛名・妙義あたりは青空の下に青く聳えていますが、ちょっと遠い谷川や浅間・八ヶ岳も雪空の中のようで眺められません。微かに赤城のすそ野が見えましたので、今回も赤城あたりにと思い出かけました。



     鍬柄山あたりより地蔵岳
IMG_0670.jpg



地蔵から荒山・鍋割と歩いて見ようと思い、地蔵の登山口で準備をしましたが、小雪が強風に舞い地吹雪模様になっていて視界もあまりありません、仕方が無く、西上州の山にでも転戦しようかと思い、帰りかけたところ、鈴ヶ岳付近には青空もあるようなので、久し振りに鈴ヶ岳に登ることにしました。



     新坂平より登り始めの頃
IMG_0557.jpg




      小雪舞う鍬柄峠付近
IMG_0568.jpg



IMG_0570.jpg



IMG_0574.jpg




まず鍬柄山に登りますが、少し青空も見えて来ました



IMG_0575.jpg



         鍬柄山
IMG_0588.jpg



相変わらず雪雲の下の登って来た尾根



IMG_0584.jpg



ここから大きく降りますが、そのあたりから綺麗な霧氷のトンネルになって来ました。



IMG_0589.jpg



IMG_0591.jpg



IMG_0593.jpg



赤城は黒桧や地蔵・荒山・鍋割と、どこに登ってもこの時期は霧氷が眺められ、冬の山を楽しむ登山者にとっては嬉しい限りです。おまけに近い山ですから尚更です。



IMG_0604.jpg



IMG_0606.jpg



          青空もちょこっと
IMG_0608.jpg



IMG_0609.jpg



それでも寒さは一流の寒さです。新坂平では-7℃でしたから、この辺りは-10℃くらいにはなっていると思います。おまけに強風が吹いていますから、体感温度はそれよりズーッと寒く感じました。顔はフードで覆い、目と鼻だけ出していましたので、なんとか楽しく歩くことが出来ました。



IMG_0610.jpg



IMG_0611.jpg



IMG_0612.jpg




今日は一人の若い男性と、同じく若い女性の二人と出会いましたが、二人とも鼻を真っ赤にして鼻水をすすりながら歩いていました。



IMG_0614.jpg




          これからかなりの岩々の急登が待っています
IMG_0621.jpg



IMG_0623.jpg



IMG_0624.jpg



この山には今迄に一度だけしか登ったことがありません、丁度シロヤシオが尾根の下に咲いて居る頃で、その時は小学1年生くらいのB子ちゃんを連れて登りました。いま考えて見るとちょっと無理な登山だったと思いましたが、急な登りや岩々の所はB子ちゃんを背負って登りました。山頂で皆に褒められてB子ちゃんは満足のようで、おまけに玩具につられて登ったので、早速好きな人形を買ってもらい満足なようでした。そのB子ちゃんも今は成人式も数年前に済んでいます。



IMG_0630.jpg



          登って来た尾根 青空も多くなってきました。
IMG_0631.jpg



          右に荒山
IMG_0632.jpg



IMG_0633.jpg



IMG_0635.jpg



IMG_0636.jpg



          山頂直下
IMG_0638.jpg



           鈴ヶ岳山頂1565m
IMG_0639.jpg



周りの木が大きくなり以前よりは展望は悪くなったようです、寒いので早々に下の鞍部に戻り食事をして下山しました。



IMG_0642.jpg



IMG_0643.jpg



         鍬柄山付近より地蔵方面
IMG_0650.jpg



          青空も多くなって来ましたが、黒桧あたりはまだ雲の中
IMG_0649.jpg



          荒山・鍋割方面
IMG_0651.jpg



          地蔵方面の空は青空になって来て良い眺めになって来ました。
IMG_0659.jpg




          それでも黒桧方面はまだ雲の中
IMG_0660.jpg




          鍬柄山付近から眺める地蔵は中々見応えがあります。
IMG_0662.jpg



          シラカバ平
IMG_0666.jpg



夕方近くになってやっと黒桧方面の空も雲が無くなり良い眺めになって来ました。



IMG_0667.jpg



今日はかなり寒かった日でしたが、最後に青空も見えて来て、久し振りの鈴ヶ岳でしたが、案外こちらも四季折々に良い登山が出来そうです。



            黒桧岳
IMG_0668.jpg









榛名湖のイルミネーション 2018/12/21日

私のブログでは恒例の榛名湖のイルミネーションを今年も見て来ました。


          今年のイルミ
IMG_0504.jpg


数日前に降ったと見られる雪が、道路の脇に残っていましたので、雪とイルミならば良い景色になるかなー と思いながら駐車場に着きました。



IMG_0458.jpg



いつもの年に比べれば案外暖かな日で、イルミ場付近の雪は既に溶けてしまいました。



IMG_0471.jpg



IMG_0473.jpg



湖畔に映るイルミも良いものです



IMG_0482.jpg



IMG_0479.jpg



IMG_0486.jpg



IMG_0488.jpg



若い夫婦が子供を連れて、楽しそうに戯れています。そんな時期も私にもあったっけ と思いながら、今日も一人で眺めています。



IMG_0490.jpg



IMG_0508.jpg



IMG_0509.jpg



今日はコンデジで手持ちで撮っています。ブレ無いように気をつけて撮っていますが・・・



IMG_0514.jpg



IMG_0511.jpg



IMG_0510.jpg



IMG_0497.jpg



今日はこのイルミの上に星空があれば一緒に撮って見たいと思っていましたが、生憎月の上にも薄い雲がかかり、星は見えません。



IMG_0496.jpg



IMG_0505.jpg



IMG_0512.jpg



IMG_0516.jpg




木枯らしとだえて
さゆる空より
地上に降りしく
奇(くす)しき光よ
ものみないこえる
しじまの中に
きらめき揺れつつ
星座はめぐる



      帰り道の峠から僅かに二つの星が見えましたが、前橋市街地が明るすぎて・・・(午後9時頃)
IMG_0521.jpg




ほのぼの明かりて
流るる銀河
オリオン舞い立ち
スバルはさざめく
無窮(むきゅう)をゆびさす
北斗の針と
きらめき揺れつつ
星座はめぐる ・・・・・・冬の星座




IMG_0498.jpg
プロフィール

インレッド

Author:インレッド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR